箱根に入りました 2017.5

前回より

箱根西麓・三島大吊橋への渋滞を抜けて
ルートが少し新しくなっていた国道一号線を走り。
2017_05_03_124_2017_06_16.jpg


その日2度目の。
神奈川県入りしました。
2017_05_03_127_2017_06_16.jpg


箱根町に入って、少し走ると芦ノ湖が見えて参りました。
2017_05_03_131_2017_06_16.jpg


そして、さらに進むと。
いつもの箱根の光景が広がってまいりました。
2017_05_03_148_2017_06_16.jpg

ゴールデンウィークの真っ只中で、
ものすごく混んでいるのかと思ったのですが、
2017_05_03_151_2017_06_16.jpg

拍子抜けで。意外と混んでおらず 、
今回の突撃チャレンジは、成功したものだと感じました。
2017_05_03_156_2017_06_16.jpg

これにも、裏があったのですが・・・・。そうとは知らず・・・。

2017_05_03_165_2017_06_16.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

あえて「箱根にチャレンジする」

前回より


先輩に車に乗せて頂き、
富士市と沼津市のお店を回った後。
2017_05_03_102_convert_2017_06_15.jpg


沼津からすんなり御殿場に帰ると思っていたら。
なんと先輩が、ゴールデンウィーク真っ只中の。
「箱根にチャレンジする」
と、おっしゃられました。

私は、先に小田原行った時に。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2677.html


箱根方向が、人であふれ、
列車への積み残しも発生しているらしいいう情報を、
駅のアナウンスで、聞いていたので。

なかなか、無謀だと具申せていただいたのですが、
カーナビのVICS情報を見ると 特に渋滞情報が出ていなかったので、
思い切って、行ってみることにいたしました。
2017_05_03_104_2017_06_15.jpg


しかし。
国道一号線で、山を登り始めると・・・。

しばらくした所で、なかなか動かない渋滞につかまりました。
2017_05_03_107_2017_06_15.jpg


改めて、
私はスマホを使いこなせておらず、それまで、使用してこなかったのですが。

私のスマホの地図の個通情報を使って渋滞情報を確認したところ。
だいたい2キロぐらいの、赤黒い動かない渋滞が表示されていました。

私たちは、その渋滞にはっていました。
2017_05_03_111_2017_06_15.jpg


何の渋滞なんだろう??
工事による渋滞なんだろうか??
それても、箱根の中までつながっているのか??
と、いろいろ車内で予想ゲームをしていていまして。

最有力だった。
登坂車線の終わりでの、合流によって発生している渋滞。
は、外れてしまい。



結局。

最近できた、箱根西麓・三島大吊橋へ行かれる方の渋滞でありました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E8%A5%BF%E9%BA%93%E3%83%BB%E4%B8%89%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E5%90%8A%E6%A9%8B

2017_05_03_116_2017_06_16.jpg

前回、通った時は、
この日本一大きい吊り橋が、作られている事は存じておりましたが。

まさか、ここまで集客力があるとは思っておらず。
この吊り橋によって、長い渋滞ができているとは思いもしませんでした。
2017_05_03_118_2017_06_16.jpg


この吊り橋へ行く人の渋滞を抜けた後は、
特に、混むことなく。箱根の中へと入って行くことができました。
2017_05_03_122_2017_06_16.jpg





最近。

「PaintsChainer」
https://paintschainer.preferred.tech/index_ja.html


という、自動着色をしていただけるサイトを知って。
早速、使わせてきました。



下手な私の絵でも、
自動着色のおかげで、
少しはうまくなったようにさえ見えてしまいます。

自動着色を開発された方々には、感服いたしました。

本当に、便利になってきていると感じます。





テーマ : ぶらり旅 - ジャンル : 旅行

活性汚泥法による排水処理に関してまとめたもの

活性汚泥法による

排水処理に関してまとめたもの

TageSP

 

      あくまでもTageSPの 勝手な想像です。

      内容に正しくないことが含まれているかと思いますので気をつけてください

 

 

処理状態 に関して

       ばっ気槽の処理状態が悪い例を、今回は、主に、

Ø         過ばっ気

Ø         未処理

2種類に絞って原因を記述していきます。

 

       「過ばっ気」について

過ばっ気状態になると、主に以下のようになりますが、必ずしも、そうなるとも限らないです。

l         pHが低くなります。

l         DOは高くなります。

l         アンモニアや亜硝酸が濃く検出されます。亜硝酸だけが濃い場合もあります。

l         SVは逆転します。または沈んでも上澄水が、白濁します。

l         汚泥の色が明るくなります。

l         細かいスカムがフワフワと浮いてきます。

 

 

       「未処理」について

未処理状態になると、主に以下のようになりますが、必ずしも、そうなるとも限らないです。

l         pHが高くなります。

l         DOは低くなります。

l         アンモニアや亜硝酸が濃く検出されます。アンモニアだけが濃い場合もあります。

l         SVは逆転します。または沈んでも上澄水が、黄ばみます。

l         汚泥の色が暗くなります。

l         大きなスカムが固まってドカッと浮いてきます。

 


 

- 水温 に関して

◆ 水温が下がると、ばっ気槽の生物活性が下がり必要な空気量が減ります。このため、過ばっ気になる危険性が増えます

それと同時に、生物活性が低いので未処理になる可能性も高くなります。適正な空気量の幅が狭くなるので、活性の低い生物の質より量を増やして、適正範囲の幅を広げるために返送量を増やしたりして、ばっ気槽を、少し濃くしてやる対策も考えられます。

ただし、返送量が多すぎると、沈殿槽の滞留時間が低下して、汚泥界面が高くなる可能性も、考えられます。

 

◆ 逆に、水温が上がると、生物の活性が増えばっ気槽に必要な空気量が増えます。それと同時に、ばっ気槽の「入」と、「出」のpHの変化量も増えます。ばっ気槽が濃くなりすぎ、DO が不足し未処理にならないようにも、気をつけてください。

 

 

 

- ばっ気槽での濃度 に関して

◆ ばっ気槽の濃度が下がると、ばっ気槽の生物の量が減り、必要な空気量が減ります。このため、過ばっ気になる危険性が増えます

それと同時に、生物の量が少ないので未処理になる可能性も高くなります。適正な空気量の幅が狭くなるので、生物の量を増やして、適正範囲の幅を広げるために返送量を増やしたりして、ばっ気槽を、濃くしてやる対策が考えられます。

ただし、返送量が多すぎると、沈殿槽の滞留時間が低下して、汚泥界面が高くなる可能性も、考えられます。

 

◆ 逆に、ばっ気槽の濃度が上がると、生物の量が増えばっ気槽に必要な空気量が増え、空気不足になって未処理になる可能性があります。

 

 

- 空気量 に関して

◆ ばっ気槽への送風量が下がると、ばっ気槽の生物活性が下がります。送風量を下げすぎると、未処理になる可能性が高くなります。

 

◆ 逆に、ばっ気槽への送風量が上がると、ばっ気槽の生物活性が上がります。送風量を上げすぎると、過ばっ気になる可能性が高くなります。

 

 


 

※以上の①~③をまとめると、以下の図のようになります。

 

 

       以上の変化を見て、ばっ気槽の状態を適正な範囲にするために、送風量を把握し、水温・pHDO・返送量をよく測定して、しっかりと記録しておくようにします。

       どのpHDOが、適正なのかは、施設や季節によって、異なってきますので、その時その時にあった値になるように、調整します。

 

 

Ⅲ 流入水に関して

◆ いつもより濃い流入水が多く入ってきた場合。そこだまりを吸った場合などは、まずは未処理に注意します 滞留時間が取りにくいですが、しかし、返送量は少なくしすぎないように、抑えます。

送風量は増やします。また、ばっ気槽側に、全体的な活性汚泥を寄せて、できるだけ濃い流入汚水を、濃いばっ気槽で迎え撃つようにして、空気量も多くして処理能力も上げておきます。

投入量は、増やしますが、滞留時間が減ると沈殿槽がすぐにキャリーオーバーする危険性があるので、汚泥の引き抜き量を、できるだけ増やします。

 

◆ いつもより薄い流入水が大量に入ってきた場合。大雨の日の場合などは、過ばっきに気をつけます。ばっ気槽の濃度が下がり、沈殿槽側に、全体的に汚泥が偏りやすくなります。

このため、ばっ気槽が薄くなりすぎないように、投入量に対しての返送量を多めにしますが、滞留時間には気を付けて、汚泥界面の上昇に気をつけます。空気量は、薄くなったばっ気槽に合わせます。

しかし、あまりにも流入水が多い場合は、ばっ気槽から沈殿槽、その下流へと汚泥が押し流されていく可能性があるのでブロアを止めて、ばっ気槽の撹拌をやめて、汚泥を沈ませて流出を防ぎます。

 

◇ 投入量や返送量を増やすと、沈殿槽の汚泥界面が上がるので、一時的に汚泥引き抜き量を増やしますが、汚泥を引き抜き過ぎると全体の汚泥量が減ってしまい、過ばっ気や未処理の原因になってしまいます。

 

◆ いつもより流入量が減ってしまっている場合は、過曝気に注意します。流入水量が極端に減ってしまった場合や、調整ポンプの停止で投入が止まった状態が長引いた場合は、極端な過ばっ気になる可能性があます。

極端な過ばっ気では、pHの緩衝能力が失われ pH4以下になるケースもあります。

 

pHの緩衝作用を一度失うと、なかなか元に戻らず、とても低いpHの状態が続きます。

こうなる前に、空気量を減らし、返送量を増やして、ばっ気槽の汚泥を増やしpHを上げる方向に調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ⅳ 測定項目に関して

-① pHに関して

pHの測定は、人での体温測定と同じようなものです。基本的なパラメーターです。

pHの測定地点は、毎回同じ場所とし、さらに、その測定地点のpHを見るだけでなく。ばっ気槽の「入」と「出」の差。ばっ気槽の「出」と、沈殿槽。また、接触酸化槽とで、pHがどれだけ変化しているか。その差も見ます。

また、pH計は、よく狂うので過信しすぎないように気を付けます。データが信用できない場合は、pH測定キットで、別に調べて確認します。

 

-② SVに関して

SVは、沈殿槽での汚泥の質感や、沈み方などの状態を知る方法です。ばっ気槽SV30が、なかなか沈まなかったり、SV24時間が反転していたら、つまり沈殿槽の汚泥は、沈みが悪くなっていることを示します。

返送汚泥のSVは、主に汚泥濃縮槽での汚泥の振る舞いを知る方法です。

返送SV24時間で、どれだけ中間水が分離して、濃縮槽で水が抜けるかを知ることができます。

 

SVは単に汚泥の沈み方だけではなく、分離した中間水の水の状態を見ることで、沈殿槽の上澄水の状態を知ることができます。スカムがどれぐらいできているのか?白濁はしていないか?黄ばんでいないか?匂いはおかしくないか?も、確認をします

白濁していたら過ばっ気の可能性。黄ばんでいたら未処理の可能性。匂いがあったら処理が悪い可能性を考えます 汚泥の色が黒くても、明るい色過ぎても処理の悪化の可能性を考えます。

 

-③ アンモニアと亜硝酸に関して

       アンモニアが多く亜硝酸が少ない場合は、未処理の可能性があります。アンモニアが亜硝酸に酸化されておらず、酸素が少ない可能性を考えます。

       亜硝酸が多くアンモニアが少ない場合は、過ばっ気の可能性が考えられます。アンモニアが亜硝酸に酸化されきっている可能性を考えます。しかし、こういったケースはあまりありません。

       アンモニアが多く亜硝酸も多い場合は、過曝気か未処理のどちらか分からないですが、処理が悪い状態です。どう悪いかは、pH。または、他の測定と合わせてどちらでが原因であるかを考えます。

 

-④ その他の測定項目

       MLSSは、ばっ気槽の汚泥の濃度を知る方法です。水温や投入量に合ったばっ気槽の汚泥濃度となっているか?濃すぎたり薄すぎたりしていないか?を、確認します。

       透視度では、単なる“透視度“を測定するだけではなく。水の色合いや、濁り具合も記録しておきます。たとえ透視度が、50以上また100以上であっても、その中でランク付けをして記録しておくといいでしょう。

       ポンプの稼働時間は、流入水量の測定に対応します。投入量が適正であるかを確認します。また、流入量や今後の天気などから、稼働時間ができるだけ一定になるように必要なら投入量を調整します。

       空気量と返送量は、こまめにチェックします。どちらも、ちょっとしたことで変動しやすいので、適正な値になっているか、こまめに確認をします。

       全ての測定結果は必ずどこかに細かく記録しておきます。問題が起きた時は、過去の記録を遡って、どこからおかしくなったのか?や、今後の対策を考えるために必要です。原因をはっきりさせるためにも、測定結果は細かく記録しておいた方が良いと考えております。

       私の考えとして 調子がよい時こそ、特にしっかり測定をしておきます。どの水温で、どの投入量の時に、空気量や返送量がどれくらいで調子が良かった?また、pHの値や、各槽での変化する量が、どの程度だったのか?記録していくと、もし悪くなった時にその値を目標値として向かい、管理してやると、やり易く、自分の考えも整理がしやすくなると考えています。

       規定の測定項目以外にも、CODなど普段は測定しないような測定項目も、たまに測定しておくといいと思います。お客さん等から、急にそう言った測定項目のことを尋ねられても、大まかな返答ができるようになれる上、新しい発見につながることも考えられます。

 

 

以上

テーマ : 働くということ - ジャンル : 就職・お仕事

先輩の車に乗せて頂き、富士市に向かいました。

前回より

足柄峠を後にして、御殿場市内へと戻ってまいりました。

そして。
午前中で仕事を終わらせて頂いた先輩と御殿場市内で待ち合わせ ました。

先輩と合流した後は、
御殿場のリンガーハットで昼食を食べました。
2017_05_03_081_2017_06_11.jpg

リンガーハットは、私の住む地区にはなく、久しぶりに入ったので
システムが前払い制になっていて、少し驚きました。


そして。

先輩の車に乗せて頂き、富士市に向かいました。
2017_05_03_083_2017_06_11.jpg


富士市にあると言う。
中古のフィギュアとかを扱っている店へと、行くことにしました。

そのお店の駐車場からも、良い富士山を見ることができました。
2017_05_03_085_2017_06_11.jpg

この辺りは、天気が良ければ
どこからでも、良い富士山の景色が見れますねw

さて。お店の中は、なかなか賑やかで。

沼津が聖地だと言う「ラブライブ」というアニメを前面に推している感じでございました。
しかしこのお店の2階は、一転して静かな中古の家具屋さんで

同じお店なのに、ギャップがあって興味深く感じました。


残念ながら、その店では目的のフィギュアが見つからなかったようで
今度は、沼津の系列のお店と行くことにしました。

その途中、東海道本線の踏切では、
いつもの??静岡仕様の、313系と211系がくっついた6両編成の列車を見ることができました。
2017_05_03_087_2017_06_11.jpg

2017_05_03_091_2017_06_11.jpg


そして、
旧東海道を走り。
2017_05_03_098_2017_06_15.jpg


ということで、沼津のお店と到着しました。
こちらのお店も中は、富士の店とよく似ていて賑やかでございました。

このお店で同人誌が売られていて、
私は、手慣れた手つきで同人誌をあさり。
気になったコピー本を見つけたので、早速購入することにしました。
2017_05_05_275_2017_06_11.jpg

他にも、この店では鉄道模型も売られていて
今回は、購入はしませんでしたが、色々と拝見をさせていただきました。

HOゲージの485系があったら、もしかしたら買っていたかもしれませんが・・・。
いつかは部屋に、HOゲージの488系の先頭車を飾ってみたいなという考えを
高校生くらいの頃から持っておりますが、今なお実現しておりません。


テーマ : ぶらり旅 - ジャンル : 旅行

足柄峠から帰ってまいりました。

前回より

峠の茶屋を後にしまして、
今度は静岡県側に、峠を降りました。
2017_05_05_ドラレコ_174

往路で富士山を見たポイントにきたので、
2017_05_05_ドラレコ_179

再び車を少し止めて富士山を撮影しました。
2017_05_03_080_2017_06_11.jpg

往路とは違い、富士山に少し雲がかかっており、
また違った表情を見ることができました。





県道78号線足柄峠fの下りは、なかなか厳しい下り坂なので
ブレーキには 気を使います。
2017_05_05_ドラレコ_187

また、交差点のT字路の場所がわかりにくく、誤って行き過ぎてしまい、
戻ったりも、しました。
2017_05_05_ドラレコ_190


なんやかんやと。
足柄駅の付近まで降りてまいりますと、
2017_05_05_ドラレコ_192

ちょうど御殿場線の踏切が、降りてくるところでございました。

足柄駅を見ると、
列車が止まっており もうすぐ出発なのだなと思い待っておりました。

しかし、なかなか出発する気配がなく。

運転士と思われる方が、何か叫んでおられました。
そして、何分か待ったように感じ・・・。いよいよ列車が出発していきました。
2017_05_05_145_2017_06_11.jpg


ということで、
ちょっとしたハプニングがあったようですが。

無事に、峠から帰ってまいりました。


実は、足柄峠が混雑している場合は、足柄駅で車を駐車して
そこから御殿場線で旅をする。というプランも考えていたのですが、

今回は、足柄峠が混雑していなかったので
プランを切り替えることはございませんでした。

テーマ : ぶらり旅 - ジャンル : 旅行

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ