屏風山PAにて、休憩することにいたしました。→今回の旅行の清算。

前回より

中央道に乗って、西進しております。

そして、
屏風山PAにて、休憩することにいたしました。

以前は、上り線側で休憩しましたが
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2541.html


今回は、下り側での休憩です。
2017_05_03_357_2017_07_06.jpg

2017_05_03_358_2017_07_06.jpg


途中。
恵那山トンネルの下り線を通りましたが
天井が広くなっていて、以前のような圧迫感がなくなっておりました。



休憩後は、
土岐で、中央道から、東海環状道に乗り換え、そのまま伊勢湾岸道を走り。

御在所のサービスエリアまでは、
全く渋滞にはまることなく、移動することができました。

御在所のサービスエリアでは、
流石に、ガソリンが減ってきたので、
念のため、ガソリンを1000円だけ補充いたしました。

御在所SAに入るころまでは、東名阪・四日市インターチェンジ付近を先頭に
2キロほどの、渋滞情報が出ていたのですが、

私が御在所サービスエリアの 出発する頃には
その渋滞情報もなくなっていたので、
そのまま亀山まで渋滞にはまることなく移動できました。

そして亀山からは名阪に乗りいつものように家へと帰りました。







さて。

今回の、帰り旅の清算ですが、
諏訪から、亀山までは、だいたい3時間40分かかりました。
snapshot301628906.jpg

走行距離は、だいたい、280kmなので・・・・、


「等速度運動(速度を計算) - 高精度計算サイト」
http://keisan.casio.jp/exec/system/1163740120のサイト様で計算すると


表定速度は、76.4km/hで。
私としては、速い!

1秒に、21.2m進んでいる計算になります。

帰りは、そんなに飛ばしていたのかな・・・。
休憩が少なかったのが原因かと思います。


燃費は。

往路は、
名張を出発して御殿場そして大雄山で給油して、426km走行で。
給油量は、14.30Lで、燃費は29.7km/Lでした。

復路は、そこから御殿場。そして山中湖→笛吹→諏訪と走って。
東海環状道そして伊勢湾岸 を走って 御在所サービスエリアで、継ぎ足し給油して。
名張に帰ってから 満タンまで給油しまして。

全部で538 kmを走り。19.4Lを給油したので 燃費は27.73km/Lでした。


行きの新東名東名を走ったルートより、
帰りの中央道を走った方が、高低差が大きい分燃費が、落ちていると感じました。


以上

http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2656.html
↑こちらの記事より始まった。
今年の静岡旅行の、一連の記事はおしまいでございます。

お付き合いいただきまして、ありがとうございました。
2017_05_03_369_2017_07_06.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 旅先の風景 - ジャンル : 旅行

高速での一度目の休憩を、 長篠設楽原パーキングエリアで取ることにしました。

前回より
伊勢湾岸道を進み、
2017_05_04_ドラレコ_093


この先、目的地の御殿場付近までは
特に大きな渋滞もなさそうで、順調に進めそうな感じでございました。
2017_05_04_ドラレコ_094




伊勢湾岸道を走っていると

改造車の列が一番左の走行車線の列を、ゆっくり走り
それを先導するかのように、真ん中の車線を車が走っていて
2017_05_04_ドラレコ_097

遠くから見ると、編隊を組んでいるようで。
なんだろうな??と思って、追い越しの際に
先導車を見てみるとなんと、屋根から頭を出して、
カメラを持って後方の改造車を撮影しておられました。
2017_05_04_ドラレコ_098

少なくとも80キロぐらいは出ていたので
そんな風圧の中で撮影されるなんて、寒かったり危なかったりで。
大変だろうな~と、思いながら、追い抜きました。


今回は、新東名を使って 静岡方面へと行くことにしました。


高速での一度目の休憩を、
長篠設楽原パーキングエリアで取ることにしました。
2017_05_03_001_2017_05_17.jpg



前回でも、ここで休憩したので
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2306.html


客観的に見て、私のペース的に、この位置あたりで一旦疲れ始めるのかと思われました。
2017_05_03_003_2017_05_17.jpg

また、本当に疲れてから休んでも、
回復が遅くなるだけなので・・・。

そうなる前に休むことにしました。
2017_05_03_005_2017_05_17.jpg


今回は前回と違って、スマホのカメラを持っているので
カメラの性能が上がっていて、

前回よりも、少し綺麗に撮ることができました。
2017_05_03_006_2017_05_17.jpg

テーマ : くるま旅 - ジャンル : 旅行

飛騨白川パーキングエリア

前回より

城端SAを出たころは、全く眠くなかったのに
単調なトンネルのせいか、
眠くなってきましたので。
高岡ドラレコSD3_19

飛騨白川PAで、休むことにしました。
高岡ドラレコSD3_20

席をばたんと倒して、
少し寝ました。Zzzz・・・・。
2016_10_08-09_高岡03_228_2017_01_02


いや~。白川村です。
2016_10_08-09_高岡03_222_2017_01_02

久しぶりですね。
ヨシ氏と来て以来、5年ぶりくらいでしょうか。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-441.html

2016_10_08-09_高岡03_223_2017_01_02


ってか、もう白川村なのか。

岐阜県の北辺ですが、
往路と違って、知っている場所だと
精神的に、だいぶ違うように感じます。




飛騨白川PAからさらに南進して、
高岡ドラレコSD3_23


日本で3番目に長いらしい
飛騨トンネルを、抜けました。
高岡ドラレコSD3_27


高岡ドラレコSD3_29

白鳥ICを過ぎると、
片側2車線になって、高速道路らしくなりました。
高岡ドラレコSD3_34

白鳥ICの手前から、
拡幅工事をしていて、
将来的には、もっと片側2車線の区間が伸びるものと思われます。


そして、親切にも、
残りのトンネルの数が、カウントダウンされていく表示があるので

トンネルの数をカウントダウンしつつ
一度、川島PAによって。家へと帰りました。
高岡ドラレコSD3_40





テーマ : 旅行、旅、ドライブ - ジャンル : 旅行

名二環の半地下区間

前回より

名二環を走りに来ております。

上社JCTから。名二環に乗るための
ヘアピンカーブに差し掛かりました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_273


こういうビルの見える急カーブがあると、
都市高速だな~。と、私は感じます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_276
名二環は、都市高速ではないですが。。。



さて。

ヘアピンカーブのアプローチを抜けて、
名二環に合流しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_278


合流してすぐに、地下に潜ります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_279

川を橋梁で超えるのではなく、
地下トンネルでくぐるという方法をとっている道路で

そのまま、半地下区間となります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_280


こういう構造の高速道路は、
走っているとなんだか興奮してきてしまいます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_281

2016_05_01_静岡_ドラレコ_283


と、いうことで。

勝川IC手前で勾配を上り
高架の高速道路へと戻りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_284





そして。

これまた、初見では迷いやすい?
名古屋西JCTへと、到達しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_286

私は、初めて通った時は、
「名二環」ではなく「東名阪」だったので

「東名阪」から「東名阪」へと行くのだから
四日市方向が二車線になっていて、
そこから、名古屋高速方向が分岐するのだろと、考えてしまいましたが
2016_05_01_静岡_ドラレコ_287


実のところは
二車線の道がそのまま、二手に分かれる構造で
2016_05_01_静岡_ドラレコ_288

右にあらかじめ寄っておかないと、
間違った方向へと進んでしまう構造でございました。


そうして。

このまま東名阪に乗り、家へと帰りました。


というのが、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2303.html
↑この記事から始めた
今年の静岡旅行での、一連の記憶でございます。



長いことお付き合いいただきありがとうございました。

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

名二環。

前回より

東名・名古屋ICで降りて、
名二環に乗ろうとしております。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_259


が。

ここが、わりと難易度が高くて
2016_05_01_静岡_ドラレコ_260

うかうかしていると、直進して、
名二環ではなく、出口へと行ってしまうので、注意が必要なところでございます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_261

さて、アプローチの高架を抜けると
名二環の入り口が見えてまいります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_263


名二環。
正式名称・名古屋第二環状自動車道は。
2011年までは、「東名阪自動車道」と、名乗っていたので

名前のところだけ書き替えられ、
周りの緑色が、新しくなっていました。



いよいよ、入り口に差し掛かりました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_264
特に、渋滞も表示されておらず、
迂回して良かったと感じました。



ここで、料金所を通過するので
一旦、高速料金が〆られます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_266

東名御殿場から、
東名名古屋までの軽自動車での高速料金は、〆て
2016_05_01_静岡_カメラ3_49

平日の昼間なので、割引なしで
4,340円でございました。

この間の所要時間は、
3時間25分でございました。


そして、この間の距離は
地図から見積もって、およそ
233kmなので、



私の運転での
この間の表定速度は、
68km/hでございました。


まあ、私らしい。
こんなもんじゃないかな。と、思う表定速度と感じました。




いよいよ。

名古屋の都市高速のようで
そうではない、名二環へと進み入りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_270





テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ