飛騨白川パーキングエリア

前回より

城端SAを出たころは、全く眠くなかったのに
単調なトンネルのせいか、
眠くなってきましたので。
高岡ドラレコSD3_19

飛騨白川PAで、休むことにしました。
高岡ドラレコSD3_20

席をばたんと倒して、
少し寝ました。Zzzz・・・・。
2016_10_08-09_高岡03_228_2017_01_02


いや~。白川村です。
2016_10_08-09_高岡03_222_2017_01_02

久しぶりですね。
ヨシ氏と来て以来、5年ぶりくらいでしょうか。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-441.html

2016_10_08-09_高岡03_223_2017_01_02


ってか、もう白川村なのか。

岐阜県の北辺ですが、
往路と違って、知っている場所だと
精神的に、だいぶ違うように感じます。




飛騨白川PAからさらに南進して、
高岡ドラレコSD3_23


日本で3番目に長いらしい
飛騨トンネルを、抜けました。
高岡ドラレコSD3_27


高岡ドラレコSD3_29

白鳥ICを過ぎると、
片側2車線になって、高速道路らしくなりました。
高岡ドラレコSD3_34

白鳥ICの手前から、
拡幅工事をしていて、
将来的には、もっと片側2車線の区間が伸びるものと思われます。


そして、親切にも、
残りのトンネルの数が、カウントダウンされていく表示があるので

トンネルの数をカウントダウンしつつ
一度、川島PAによって。家へと帰りました。
高岡ドラレコSD3_40





スポンサーサイト

テーマ : 旅行、旅、ドライブ - ジャンル : 旅行

名二環の半地下区間

前回より

名二環を走りに来ております。

上社JCTから。名二環に乗るための
ヘアピンカーブに差し掛かりました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_273


こういうビルの見える急カーブがあると、
都市高速だな~。と、私は感じます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_276
名二環は、都市高速ではないですが。。。



さて。

ヘアピンカーブのアプローチを抜けて、
名二環に合流しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_278


合流してすぐに、地下に潜ります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_279

川を橋梁で超えるのではなく、
地下トンネルでくぐるという方法をとっている道路で

そのまま、半地下区間となります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_280


こういう構造の高速道路は、
走っているとなんだか興奮してきてしまいます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_281

2016_05_01_静岡_ドラレコ_283


と、いうことで。

勝川IC手前で勾配を上り
高架の高速道路へと戻りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_284





そして。

これまた、初見では迷いやすい?
名古屋西JCTへと、到達しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_286

私は、初めて通った時は、
「名二環」ではなく「東名阪」だったので

「東名阪」から「東名阪」へと行くのだから
四日市方向が二車線になっていて、
そこから、名古屋高速方向が分岐するのだろと、考えてしまいましたが
2016_05_01_静岡_ドラレコ_287


実のところは
二車線の道がそのまま、二手に分かれる構造で
2016_05_01_静岡_ドラレコ_288

右にあらかじめ寄っておかないと、
間違った方向へと進んでしまう構造でございました。


そうして。

このまま東名阪に乗り、家へと帰りました。


というのが、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2303.html
↑この記事から始めた
今年の静岡旅行での、一連の記憶でございます。



長いことお付き合いいただきありがとうございました。

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

名二環。

前回より

東名・名古屋ICで降りて、
名二環に乗ろうとしております。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_259


が。

ここが、わりと難易度が高くて
2016_05_01_静岡_ドラレコ_260

うかうかしていると、直進して、
名二環ではなく、出口へと行ってしまうので、注意が必要なところでございます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_261

さて、アプローチの高架を抜けると
名二環の入り口が見えてまいります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_263


名二環。
正式名称・名古屋第二環状自動車道は。
2011年までは、「東名阪自動車道」と、名乗っていたので

名前のところだけ書き替えられ、
周りの緑色が、新しくなっていました。



いよいよ、入り口に差し掛かりました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_264
特に、渋滞も表示されておらず、
迂回して良かったと感じました。



ここで、料金所を通過するので
一旦、高速料金が〆られます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_266

東名御殿場から、
東名名古屋までの軽自動車での高速料金は、〆て
2016_05_01_静岡_カメラ3_49

平日の昼間なので、割引なしで
4,340円でございました。

この間の所要時間は、
3時間25分でございました。


そして、この間の距離は
地図から見積もって、およそ
233kmなので、



私の運転での
この間の表定速度は、
68km/hでございました。


まあ、私らしい。
こんなもんじゃないかな。と、思う表定速度と感じました。




いよいよ。

名古屋の都市高速のようで
そうではない、名二環へと進み入りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_270





テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

豊田東JCTへとやって参りました。

前回より


岡崎SAにて休憩した後、
今度は、豊田東JCTへとやって参りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_235


の時点で、伊勢湾岸道は
「名古屋」方面ではなく
「四日市」方面と、案内されているのは、
2016_05_01_静岡_ドラレコ_236

三重県民の私としては、うれしく感じました。


そして、
案内通り、四日市方面。伊勢湾岸道へと入りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_238

2016_05_01_静岡_ドラレコ_242






しかし、

この先、湾岸長嶋IC付近で、渋滞とのことで
今回は、このまま伊勢湾岸道を西進せず、

豊田JCTにて、
伊勢湾岸・四日市方向ではなく
2016_05_01_静岡_ドラレコ_245


東名の名古屋方向へと、転進しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_249



そして、
しばし、東名を、名古屋に向けて西進しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_250


この区間を走るのは

以前、高速バスに乗って
御殿場から名古屋に帰った時以来ですが、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2151.html


自分で走るのは、それよりもっと前のことなので
懐かしく感じました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_252

私が静岡に通っていた昔は
伊勢湾岸が渋滞することは、あまり無いことだったので・・・。



と、言うことで。

名古屋ICで降りて、
2016_05_01_静岡_ドラレコ_257
名二環を通って、再び
四日市方面を、目指しました。



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

岡崎SAにて、車を止めました。

前回より


浜松いなさJCTから
新東名を、さらに西進しております。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_217


ここにきて、この先、

伊勢湾岸道の湾岸長嶋IC付近で
渋滞している情報を掴みました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_220


私はこのまま伊勢湾岸道を抜けて
三重へと変えるつもりでございましたが、
ここで誤算が生じました。


そこで。

「混雑」という表示は出ておりましたが
2016_05_01_静岡_ドラレコ_221


岡崎SAにて、車を止めて
2016_05_01_静岡_ドラレコ_222

休憩がてら、
帰るルートを、練ることにしました。




れにしても、また。
アプローチ部分が長い・・・。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_224


私は、混雑時でも、空いている時でも
適当に、奥のほうで空いている場所に止める性分の人間ですが

今回は、誘導する警備員の方がおられたので
2016_05_01_静岡_ドラレコ_227


素直に従わせて
正面に堂々と止めさせていただくことにしました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_229


この岡崎SAの下り方は

フクロウをモチーフにした建物で
2016_05_01_静岡_カメラ1_247

戦隊もののロボットで出てきそうな雰囲気に感じました。


テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ