活性汚泥法による排水処理に関してまとめたもの

活性汚泥法による

排水処理に関してまとめたもの

TageSP

 

      あくまでもTageSPの 勝手な想像です。

      内容に正しくないことが含まれているかと思いますので気をつけてください

 

 

処理状態 に関して

       ばっ気槽の処理状態が悪い例を、今回は、主に、

Ø         過ばっ気

Ø         未処理

2種類に絞って原因を記述していきます。

 

       「過ばっ気」について

過ばっ気状態になると、主に以下のようになりますが、必ずしも、そうなるとも限らないです。

l         pHが低くなります。

l         DOは高くなります。

l         アンモニアや亜硝酸が濃く検出されます。亜硝酸だけが濃い場合もあります。

l         SVは逆転します。または沈んでも上澄水が、白濁します。

l         汚泥の色が明るくなります。

l         細かいスカムがフワフワと浮いてきます。

 

 

       「未処理」について

未処理状態になると、主に以下のようになりますが、必ずしも、そうなるとも限らないです。

l         pHが高くなります。

l         DOは低くなります。

l         アンモニアや亜硝酸が濃く検出されます。アンモニアだけが濃い場合もあります。

l         SVは逆転します。または沈んでも上澄水が、黄ばみます。

l         汚泥の色が暗くなります。

l         大きなスカムが固まってドカッと浮いてきます。

 


 

- 水温 に関して

◆ 水温が下がると、ばっ気槽の生物活性が下がり必要な空気量が減ります。このため、過ばっ気になる危険性が増えます

それと同時に、生物活性が低いので未処理になる可能性も高くなります。適正な空気量の幅が狭くなるので、活性の低い生物の質より量を増やして、適正範囲の幅を広げるために返送量を増やしたりして、ばっ気槽を、少し濃くしてやる対策も考えられます。

ただし、返送量が多すぎると、沈殿槽の滞留時間が低下して、汚泥界面が高くなる可能性も、考えられます。

 

◆ 逆に、水温が上がると、生物の活性が増えばっ気槽に必要な空気量が増えます。それと同時に、ばっ気槽の「入」と、「出」のpHの変化量も増えます。ばっ気槽が濃くなりすぎ、DO が不足し未処理にならないようにも、気をつけてください。

 

 

 

- ばっ気槽での濃度 に関して

◆ ばっ気槽の濃度が下がると、ばっ気槽の生物の量が減り、必要な空気量が減ります。このため、過ばっ気になる危険性が増えます

それと同時に、生物の量が少ないので未処理になる可能性も高くなります。適正な空気量の幅が狭くなるので、生物の量を増やして、適正範囲の幅を広げるために返送量を増やしたりして、ばっ気槽を、濃くしてやる対策が考えられます。

ただし、返送量が多すぎると、沈殿槽の滞留時間が低下して、汚泥界面が高くなる可能性も、考えられます。

 

◆ 逆に、ばっ気槽の濃度が上がると、生物の量が増えばっ気槽に必要な空気量が増え、空気不足になって未処理になる可能性があります。

 

 

- 空気量 に関して

◆ ばっ気槽への送風量が下がると、ばっ気槽の生物活性が下がります。送風量を下げすぎると、未処理になる可能性が高くなります。

 

◆ 逆に、ばっ気槽への送風量が上がると、ばっ気槽の生物活性が上がります。送風量を上げすぎると、過ばっ気になる可能性が高くなります。

 

 


 

※以上の①~③をまとめると、以下の図のようになります。

 

 

       以上の変化を見て、ばっ気槽の状態を適正な範囲にするために、送風量を把握し、水温・pHDO・返送量をよく測定して、しっかりと記録しておくようにします。

       どのpHDOが、適正なのかは、施設や季節によって、異なってきますので、その時その時にあった値になるように、調整します。

 

 

Ⅲ 流入水に関して

◆ いつもより濃い流入水が多く入ってきた場合。そこだまりを吸った場合などは、まずは未処理に注意します 滞留時間が取りにくいですが、しかし、返送量は少なくしすぎないように、抑えます。

送風量は増やします。また、ばっ気槽側に、全体的な活性汚泥を寄せて、できるだけ濃い流入汚水を、濃いばっ気槽で迎え撃つようにして、空気量も多くして処理能力も上げておきます。

投入量は、増やしますが、滞留時間が減ると沈殿槽がすぐにキャリーオーバーする危険性があるので、汚泥の引き抜き量を、できるだけ増やします。

 

◆ いつもより薄い流入水が大量に入ってきた場合。大雨の日の場合などは、過ばっきに気をつけます。ばっ気槽の濃度が下がり、沈殿槽側に、全体的に汚泥が偏りやすくなります。

このため、ばっ気槽が薄くなりすぎないように、投入量に対しての返送量を多めにしますが、滞留時間には気を付けて、汚泥界面の上昇に気をつけます。空気量は、薄くなったばっ気槽に合わせます。

しかし、あまりにも流入水が多い場合は、ばっ気槽から沈殿槽、その下流へと汚泥が押し流されていく可能性があるのでブロアを止めて、ばっ気槽の撹拌をやめて、汚泥を沈ませて流出を防ぎます。

 

◇ 投入量や返送量を増やすと、沈殿槽の汚泥界面が上がるので、一時的に汚泥引き抜き量を増やしますが、汚泥を引き抜き過ぎると全体の汚泥量が減ってしまい、過ばっ気や未処理の原因になってしまいます。

 

◆ いつもより流入量が減ってしまっている場合は、過曝気に注意します。流入水量が極端に減ってしまった場合や、調整ポンプの停止で投入が止まった状態が長引いた場合は、極端な過ばっ気になる可能性があます。

極端な過ばっ気では、pHの緩衝能力が失われ pH4以下になるケースもあります。

 

pHの緩衝作用を一度失うと、なかなか元に戻らず、とても低いpHの状態が続きます。

こうなる前に、空気量を減らし、返送量を増やして、ばっ気槽の汚泥を増やしpHを上げる方向に調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ⅳ 測定項目に関して

-① pHに関して

pHの測定は、人での体温測定と同じようなものです。基本的なパラメーターです。

pHの測定地点は、毎回同じ場所とし、さらに、その測定地点のpHを見るだけでなく。ばっ気槽の「入」と「出」の差。ばっ気槽の「出」と、沈殿槽。また、接触酸化槽とで、pHがどれだけ変化しているか。その差も見ます。

また、pH計は、よく狂うので過信しすぎないように気を付けます。データが信用できない場合は、pH測定キットで、別に調べて確認します。

 

-② SVに関して

SVは、沈殿槽での汚泥の質感や、沈み方などの状態を知る方法です。ばっ気槽SV30が、なかなか沈まなかったり、SV24時間が反転していたら、つまり沈殿槽の汚泥は、沈みが悪くなっていることを示します。

返送汚泥のSVは、主に汚泥濃縮槽での汚泥の振る舞いを知る方法です。

返送SV24時間で、どれだけ中間水が分離して、濃縮槽で水が抜けるかを知ることができます。

 

SVは単に汚泥の沈み方だけではなく、分離した中間水の水の状態を見ることで、沈殿槽の上澄水の状態を知ることができます。スカムがどれぐらいできているのか?白濁はしていないか?黄ばんでいないか?匂いはおかしくないか?も、確認をします

白濁していたら過ばっ気の可能性。黄ばんでいたら未処理の可能性。匂いがあったら処理が悪い可能性を考えます 汚泥の色が黒くても、明るい色過ぎても処理の悪化の可能性を考えます。

 

-③ アンモニアと亜硝酸に関して

       アンモニアが多く亜硝酸が少ない場合は、未処理の可能性があります。アンモニアが亜硝酸に酸化されておらず、酸素が少ない可能性を考えます。

       亜硝酸が多くアンモニアが少ない場合は、過ばっ気の可能性が考えられます。アンモニアが亜硝酸に酸化されきっている可能性を考えます。しかし、こういったケースはあまりありません。

       アンモニアが多く亜硝酸も多い場合は、過曝気か未処理のどちらか分からないですが、処理が悪い状態です。どう悪いかは、pH。または、他の測定と合わせてどちらでが原因であるかを考えます。

 

-④ その他の測定項目

       MLSSは、ばっ気槽の汚泥の濃度を知る方法です。水温や投入量に合ったばっ気槽の汚泥濃度となっているか?濃すぎたり薄すぎたりしていないか?を、確認します。

       透視度では、単なる“透視度“を測定するだけではなく。水の色合いや、濁り具合も記録しておきます。たとえ透視度が、50以上また100以上であっても、その中でランク付けをして記録しておくといいでしょう。

       ポンプの稼働時間は、流入水量の測定に対応します。投入量が適正であるかを確認します。また、流入量や今後の天気などから、稼働時間ができるだけ一定になるように必要なら投入量を調整します。

       空気量と返送量は、こまめにチェックします。どちらも、ちょっとしたことで変動しやすいので、適正な値になっているか、こまめに確認をします。

       全ての測定結果は必ずどこかに細かく記録しておきます。問題が起きた時は、過去の記録を遡って、どこからおかしくなったのか?や、今後の対策を考えるために必要です。原因をはっきりさせるためにも、測定結果は細かく記録しておいた方が良いと考えております。

       私の考えとして 調子がよい時こそ、特にしっかり測定をしておきます。どの水温で、どの投入量の時に、空気量や返送量がどれくらいで調子が良かった?また、pHの値や、各槽での変化する量が、どの程度だったのか?記録していくと、もし悪くなった時にその値を目標値として向かい、管理してやると、やり易く、自分の考えも整理がしやすくなると考えています。

       規定の測定項目以外にも、CODなど普段は測定しないような測定項目も、たまに測定しておくといいと思います。お客さん等から、急にそう言った測定項目のことを尋ねられても、大まかな返答ができるようになれる上、新しい発見につながることも考えられます。

 

 

以上

スポンサーサイト

テーマ : 働くということ - ジャンル : 就職・お仕事

とある団地のコミュニティプラントに流入する雨水量の率に関しての計算

先日

以前働いていて、
今でも出入りしている、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-578.html


とある団地に付属している、

コミュニティプラント
http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=944


という排水処理施設へ、
混じって入ってくる雨の率を、
知りたい。」

という指令が、主任にあったそうで。
私も、その計算を手伝ってまいりましたので。

記事にしたいと思います。
2011_05_04_04.jpg




は、

降った雨の量の内、何%が、
この排水処理施設に、入り込んで来るのか。


を、計算したい。
という事で。


まず。
排水処理施設の過去の記録より。
一日で、合計5mmの雨が降ると、

晴れた日と比べ、およそ
173㎥流入水量が増加すると分かりました。

そして、これは、全て雨水だと仮定しました。

(今回は、実際のものと違い、
仮想の団地のコミプラとして計算します。)



次に。
団地の、面積を、地図から測定しました。

今回は、ざっくりと、
2014_08_04_Skype偽装メール?_14
上の図のような、形の団地だと、仮定します。

図の団地だと、
1,000(m) x 1,500(m) = 1,500,000(㎡)
という面積になります。

(※実際は、団地の形を、三角形や、台形に切り分けて、
それらの面積を合算する形をとったりして
ここが、一番苦労しました。)





ここから。

この団地に、一日で、
合計5mmの雨が降ったとすると、

団地全体では、
1,500,000(㎡) x 0.005(m) = 7500(㎥)
の、水が降ったことになります。



よって
団地全体に降った、7500㎥の雨水の内、
173㎥が、排水施設に、混入して入ってきているので。

173(㎥) ÷ 7500(㎥) x 100 ≒ 2.3%

の雨水が、汚水に混じって
排水施設に入ってくる。という結果になりました。
2011_05_04_05.jpg


まあ。
2.3%と、2桁精度のように記入しましたが、

実際は、もっと精度が低く
1~3%の範囲程度が妥当。という結論となりました。








以上

仮想の環境での、文字面としての計算は、
とても単純なものでございましたが。


わざわざ、
会社の上司が、雨量計を施設内に設置し

そこから、過去の雨水量のデータベースを
VBAでいじくり。
何mmで、どの程度増加するのかを算出し

何枚かに分かれた
大きな団地の地図を広げては、
コンベックスで、長さを測り・・・。


わりと、
手伝い甲斐のある作業でございました。


そして、主任曰く。
「思っていたより、混入してきている。」
そうでございます。
2011_05_04_06.jpg



以上

知らない方にはどうでも良い。
とある団地に付属している、
コミュニティプラントへ、
混じって入ってくる雨の率を、計算したという記事でございました。

お粗末さまでございました。



P.S.


\準優勝!!/

    ,イ`,ヘ l                        ,!_
.  〈.,r,.i '" ゙.、l        l,.....-┴―-...,|       l _/ ヘ ヽ
    〉    ト|.l    ,!:':::::::;::;、::::::::::::;::::`:!、   |/  `,' イ
    ゙、l l     .゙ト   ,'::::イ/`' 、'、:::∧ト、:::::ト', l, '    ';'′
     l'.|,l    ゙ 、 ,'::::/' 、_ ,. ' ';'゙、 _,ノ';ト'; '|/    ,!イ
.       l |l、     ゙v:{ヾ.   「 ̄ ̄ヾi  ト, l/    l,i'|
        |l、    ノ::`、i   |      |  .}'/    !イ|
         ト、  '" ´ Z::;`.、 !      | /゙:、    |!
         ト!i   ヽ ''"´`'=--r '"゙``,'   |,イ
          lト、l   ゙、 ゙、 .|` ‐-'゙、  /  レ' .|
              ゙トi    ``、!: : : : : :',/  /|  l
            ,'     l: : : :,: : : i   /
           l.,'       |: : :/: : : :',  ', l
           |'     l: : /: : : : : i   '!
          ,'      l:,:': : : : : : : !   ト,!
          ,'      ,′: : : : : : : :'!   ',!
           |/      /: : : : : : : : : : i     ',l
         |/!       /: : : : : : : : : : : ',.     ',|
       ,.'l      |/;, : -―┬┬‐- .;',      '!
        /      l /!.     | |    ',     ゙、


甲子園で、
三重高校が、ここまでやってくれるとは
思いもしませんでした。

ありがとう。三重高校!



テーマ : 息抜き - ジャンル : 就職・お仕事

排水処理施設の大掃除の手伝いを、 やってきました。

先日

排水処理施設の大掃除の手伝いを、
やってきました。
2013_06_30_1.jpg
Before

2013_06_30_2.jpg
After

変化がない・・・。




そして。

施設の外周を、掃除していると、
ブーン。という羽音が、聞こえてきたので。

その方向を見ると。
アシナガバチの巣が、ありました。
2013_06_30_3 - コピー


実は、

同じくこの場で、
清掃していた主任が、

その前の日に。
別の施設にあった蜂の巣に、気がつかず。
接近しすぎてしまい。

残念ながら。
刺されてしまっているので。

(しかも、ほっとけば治る。と、
刺されても、放置していまして・・・。)





今回は、

刺される前に、
駆除を、させてもらいました。
2013_06_30_5.jpg

蜂専用の、殺虫スプレーの威力は、
ハンパないですね。



しかし、駆除の際。

いつものように
一撃離脱を、しようとしたのですが・・・。


撃ちもらした一匹が、
こっちに飛んできたので。

あわてて逃げようとして。
反転した際に、腕を柱にぶつけてしまい。

思わず「ぬおっ!」と、叫んでしまいました。




そして、主任に、

刺されたのかと、勘違いされ。
心配を、かけてしまいました。


ちなみに、
飛んできた一匹は、私にたどり着く前に力尽き。

墜落してしまいまして、
早々に、アリに、たかられていました。
なんとも、言えない気分でございます。
2013_06_30_6.jpg



ちなみに。

この施設の清掃中に、

全く関係者でない住民の方が、
無断で、施設内に、
いつの間にか、入ってきていまして・・・。


私が、気がついたときには、
私の背後に、
ボ~ッと、立っておられたのには。


とても、驚きました。





まあ、私も、
手伝いを頼まれただけの、元社員で。

今は、部外者なのですが・・・。






そして、
その住民の方に。

施設の仕組みに関して、
色々と、質問を、受けました。




ただ。

特に、今回清掃中とあり。
開口部などがあり、施設内は危険なので。

今度から、入るときは。
一声かけてくださいね。と、
強く注意させていただきました。


まあ、私は、そんな立場の人間ではないのですが・・・。



続きを読む »

テーマ : お仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

また、 やらかしてしまいましたorz  ※ハンマー破損

前回に続き
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-1052.html


古い民家の、解体工事の
お手伝いに行ってきました。
2012_08_27_KNOPPIX7_0_3_古いPCで動作テスト_47




で。

また、
やらかしてしまいましたorz

2012_08_27_KNOPPIX7_0_3_古いPCで動作テスト_44



「縁側の板を、抜いてくれ。」

と、言われて、
2012_08_27_KNOPPIX7_0_3_古いPCで動作テスト_43


ミラクるん・ドンキ!とか、
心の中で思いながら、


つい、
思いっきり。振り下ろしたら、


板が、抜けるとともに、
柄まで、バッキリと、
折ってしまいましたorz

まだ、大丈夫だった頃・・・。
2012_09_16_解体手伝い_20





縁側の板が、意外と硬く。

最初の2回ぐらいまでは、
弱めに殴ったのですが、

なかなか、効かなかったので、

ちょっと、力を強めて殴ったら、
板が、抜けるとともに。
柄まで、持っていかれました。



そもそも、

私のやり方がまずく、
勘違いしていて、


最初に、縁側の板を抜く前に、
隣の、敷居を取るそうです。

そして、

その取れて出来た
板の出っ張りを、叩くそうです。


すみません。

つい、言葉の意味をちゃんと確認せず、
文字通り、やってしまいました。



分からない事は、
事前に、きちんと確かめる。

という初歩的なことを、
抜かしてしまいました。



そして、

この柄って、
結構、高価なんですよ~。




もう、

「ごめんなさい。」
「すみませんでした。」

と、

めっちゃ、担当の人に、
謝りました。



そうしたら、

「怪我しなくてよかった。」
「指でもつめたら、大変なことになっていた。」
「気にしやんでもええで。」

と、
許してくれました。

すごく、ありがたかったです。



しかし、

以後は、こんな事がないように、
力加減には、
十分、気をつけていこうと思います。



あと、

ハンマーを、扱う技術も、未熟なので
その点も、鍛えたいと思います。

この事故の後、

もう一度、
説明してもらいました。
2012_08_27_KNOPPIX7_0_3_古いPCで動作テスト_45
(この家の柱に貼ってあった、防火シール)





しかし、
改めて、反省してみるに。


今回は、ヒヤッとしました。
柄の損害も、大きいですし。

しかし、
怪我人が出なくて、本当によかったです。が、
大いに反省しています。



と、言うことで、

近くの川で、
手や、顔を洗って、帰りました。
2012_08_27_KNOPPIX7_0_3_古いPCで動作テスト_48


次は、いよいよ、
屋根を、剥がしていくそうです。


そうなってくると、
外観からも、家としての体がなくなるので、

寂しくなります。

テーマ : お仕事日記☆ - ジャンル : 就職・お仕事

「あー、それ、バッテリーが、 あがってるわ。」

前回より

とある農家の解体作業を、
手伝っております。
2012_09_16_解体手伝い_12

作業が終わったら、

この家の水道は
すでに止められているので

近くの川で
顔を、洗ったりしました。
2012_09_16_解体手伝い_31


川には、
魚がたくさん泳いでいて、

私も、泳ぎたくなりましたwww
2012_09_16_解体手伝い_24


ちなみに、

農家の人によると、
伊勢湾台風の時は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/伊勢湾台風


この川も、暴れて、
大変だったそうで、

その事で、
土地の区画が変わったらしいです。
2012_09_16_解体手伝い_34






さて。

作業も、片付けも終えて。
いざ、帰ろうとしたとき。


乗せてきてもらって来た
車のエンジンが、
掛からなくなっていましたwwww




「クラクションは、鳴るけ?」と、
言われて

クラクションを、鳴らそうとしても、
うんともすんとも。


「あー、それ、バッテリーが、
あがってるわ。」


と、言われて。

トラックから、電気をもらうことに。
2012_09_16_解体手伝い_37



早速。

「配線、やってみぃ。」と、
私が、言われて。


恥ずかしながら、
私は、バッテリーの救援を
やった事が無かったので、

うろ覚えの配線をして、
こうしてみました。

2012_09_16_解体手伝い_36

つまり、
救援する車の、バッテリーの赤端子と、
救援される車の、エンジン周りの金属部分。

救援する車の、バッテリーの黒端子と、
救援される車の、バッテリーの黒端子。

を、
つなごうとしました。




しかし、
その前に。

が、逆だわ。」

と、教えてもらって、
訂正してもらいました。

つまり、
救援する車の、バッテリーの赤端子と、
救援される車の、バッテリーの赤端子。

救援する車の、バッテリーの黒端子と、
救援される車の、エンジン周りの金属部分。

に、つなぐほうが
正しいそうです。



そして、

訂正してもらったとおりに配線し直して、
エンジンを掛けると、
一発で、掛かりました。

つまり、
直上の写真では、赤黒が逆になっています。
気を、つけてください。






救援を頂き、
無事に、エンジンがかかった所。


さらに、その上で。

近くの農家の方に、
野菜を、たくさん頂きました。



袋一杯。

ピーマンのようですが、
シシトウだそうです。
2012_09_16_解体手伝い_39


他にも、
かぼちゃや、ナスも、頂きました~。
2012_09_16_解体手伝い_41



色々、
とても面白い経験ができて。

私は、とても充実していました。





そして、

今回の記事の経験を元に、

我が家のアルトちゃんにも、
救援用の、ケーブルを、
装備することにしました。




アルトちゃんは、
軽自動車で、バッテリーが小さく。

軽自動車より大きな車を
救援することはできないですが。

あつかましくも、
逆に、救援して頂ける車種の範囲は広いので。

念のために、
買って、装備しました。



テーマ : お役立ち情報 - ジャンル : 車・バイク

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ