Androidのカメラで撮影した写真や、画像で報告書を作るアプリの。C#コードのサンプルです。 その3

以前に引き続き。
・その5 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2907.html


・その4 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2894.html
・その3 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2886.html
・その2 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2883.html
・その1 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2876.html

また、
私のアプリ制作に関しての記事でございます。
Screenshot_2018-01-30-20-17-51_2018_02_01.jpg


今回の変更点は、
・このアプリで作成してファイルを、このアプリで、
 開く、削除の、管理ができるようにした。

・コントロールが過密になってきたので
 画面を切り替えるようにした。
Screenshot_2018-01-30-20-17-56_2018_02_01.jpg

尚、今回のアプリから、
試作版の手前の開発段階ですが、公開させていただきます。

Android専用アプリですが、
Androidのどのバージョンで、ちゃんと動くのかの検証も不十分です。
私の開発環境は、5.1.1です。

友人の情報によりますと、
5.1.1以前のバージョンでは動かないそうです。

また、インストールの前に
セキュリティで、「提供元不明のアプリのインストール」を
ONにしていただく必要がございます。


いずれにしましても、、全く、責任は持てません。
完全な自己責任でご使用ください。
□ Zip形式
https://drive.google.com/file/d/1sAFz32f3cV8j-i1LgXZdqNyDdBB2_eqQ/view?usp=sharing


□App形式
https://drive.google.com/open?id=1VBJkaiASYSJp0eox3CwY2oo6RSEeUzzR



以下が、今回のコードですが。

だいぶスパゲッティーが、伸びています。
伸長すぎて、自分でも、困っています。


Windowsのソフトように、類似コードは
一つのプロシージャにまとめてしまいたいのですが、

C#・Xamarin環境にて、Windows開発環境のように
まとめてみると、急に、動作不良が始まって。不安定になり。

仕方なく、同じようなコードを並べて書くと、ちゃんと動き続けてくれる。
という現象が起きているためです。

その為、伸長なコードになっています。

今後は、原因を知り
うまくまとめていけたらな。と思っています。

また、

警告 CS0618 'AbsoluteLayout' は旧形式です ('This class is obsoleted in this android platform')


という警告が出てきますが、
今のところ、気持ち悪いですが
経過措置として、無視しています。


以上の理由もあり、荒削りで、
解放など不十分な部分がございますので、ご了承ください。
また、コード中のURLは、
引用・参考させていただいたサイト様のURLでございます。

この場にて、勝手ながら、篤く御礼申し上げます。










Main.axml









MainActivity.cs








clsMain2.cs








今後は、
□ヘッダー・フッター機能
□余白幅変更機能
□おまけで、zip圧縮機能
も、加えたいと考えています。



以上
お粗末様でございました。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

Androidのカメラで撮影した写真や、画像で報告書を作るアプリの。C#コードのサンプルです。 その2

これまでの記事で
Androidアプリの開発をしていることを伝えさせて頂いてまいりましたが、

今回も、また一区切りつきましたので。
記事にさせて頂きたいと思います。

Screenshot_2018-01-07-12-11-02_2018_01_08.jpg

(出力例)

hkt2018_01_07__12_10_45_2018_01_08.jpg

周囲の方に試して頂き、
感想を聞いたり、不具合を発見したりしました。


そして。
前回から今回への主な変更点は。

・リソース画像から、最初から描画する仕様に変更しました。
(リソース画像のサイズが、環境によって変わってしまうので。)

・余白を付けました
(印刷したら、パンチで穴があけられない。とのことで。)

以上です。


以下、
今回のアプリの
Xarmarin・C#コード部分です。


参照先や、マニュフェスト。clsPDF.csの内容は、
以前とは変化しておりません。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2886.html



基礎的な部分は、以前の記事も参考にしてください。

・その4 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2894.html
・その3 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2886.html
・その2 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2883.html
・その1 http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2876.html





まだまだ荒削りで、
解放など不十分な部分がございますので、ご了承ください。
また、コード中のURLは、
引用・参考させていただいたサイト様のURLでございます。

この場にて、勝手ながら、篤く御礼申し上げます。










Main.axml









MainActivity.cs








clsMain2.cs









以上
お粗末様でございました。

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

Androidのカメラで撮影した写真や、画像で報告書を作るアプリの。C#コードのサンプルです。

以前の記事から発展させて

ぼちぼちと、アプリを作っているのですが。

とりあえず。
自分の中でも実績がある。
『複数ある画像の一覧の画像を作成するソフト』のコードとか

色々なサイト様の情報を引用したり、参考にしたりして
ひとまず、まとまってまいりましたので、
記事にさせていただこうと思います。

参照先や、マニュフェスト。clsPDF.csの内容は、
以前とは変化しておりません。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2886.html

Screenshot_2017-12-29-09-39-38_2017_12_29.jpg

出力例
(縮小しています。)

hkt2017_12_29__10_17_34 (1)_2017_12_29

今回の記事時点での仕様としては、

・写真1~3ボタンで、カメラ起動、写真撮影
・「IMG」ボタンで、写真ではなく画像差し込み
・各ブロックに、報告書に差し込む画像が表示される
・各ブロックに、13文字x10行までコメントを入れられる
・報告書は、1520x2112pxサイズで、jpgまたは、pdfにて出力

以上まで、出来ております。





以下、
今回のアプリの
Xarmarin・C#コード部分です。

まだまだ荒削りで、
解放など不十分な部分がございますので、ご了承ください。
また、コード中のURLは、
引用・参考させていただいたサイト様のURLでございます。

この場にて、勝手ながら、篤く御礼申し上げます。







Main.axml






MainActivity.cs





clsMain2.cs









こういう、
プログラミング関係のコード記事が最近多くなってきましたが・・・。

その分、なかなか思うように開発が捗っていなくて。。。

Windowsのソフトと違いまして、
Androidのアプリ開発は、ちょっとした事で、動作しなくなったりするので

とりあえず、安定した場所で、
バックアップの意味も込めて、記事を書かせてもらっています。

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

Visual Studio 2017のC#・Xermarinを使用した、Androidのカメラで撮影した写真や、画像をそのままPDFに変換する。C#コードのサンプルです。

以前の記事から
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2883.html

さらに、進めまして。
色々なWebページを参考にさせていただきまして。

Visual Studio 2017のC#・Xermarinを使用して、
Androidのカメラで撮影した写真や、画像を
そのままPDFに変換する。

C#コードが出来ましたので、
記事にさせていただきたいと思います。

※作成例のPDF
https://drive.google.com/open?id=14L49picogrnjybGprS3BKQNnCYc5gFaw

◎Google Drive上にて、開きます。




また、ついでに、

GPSの情報だけだと分かりづらいとの意見を頂きましたので
GPSから住所に変換して載せるコードなども、加えています。
Screenshot_2017-12-19-12-21-36 - コピー





今回のの主幹である。

画像を、PDFに変換するコードにおいては、

ソリューションエクスプローラに、大きな変更はございませんでした。

よって、以下のコードを使用される場合は

以前の記事より、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2883.html


よって、「NuGetパッケージの管理」より、必要な項目のインストール。
Propertiesの、AndroidManifest.xmlや、
「Resources」フォルダの、「layout」フォルダ内にある「Main.axml」も、
以前の記事を、そのまま流用しています。


しかし、

GPSから、住所を取得するにあたっては、
ネットにつなげる必要があるため、

Propertiesの、「AndroidManifest.xml」に、













の一行を、書き加えております。





早速。

「MainActivity.cs」にて、書き換えたコードを含め
全コードは、以下の通りでございます。

今回も、テスト要素が強いため、
非常に。まどろっこしいコードになっています。

つまり、カメラで撮ってから、画像を選択して、
カメラで撮った写真に、GPS情報と。そこから、住所情報を描き加える。

そして、2つの画像をPDFに連結する。

といった、コードになっています。

※解放などが、適当です。もし流用される場合は、
適切に書き換えてください。

※コード中のURLは、参考にさせていただいたWebページ様の、URLです。










PDFにする部分は、
Visual Basic 2015のコードを、ひとまずC#に書き換えているだけなので
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-1140.html

もし流用される場合はご自身で、適切に書き換えてください。











以上

特に実用的なアプリは、まだ出来ていないですが。
いつかは、実用的なものに落とし込んでいきたいと考えております。

お粗末様でございました。
ありがとうございました。

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

Visual Studio 2017のC#・Xermarinを使用して、Androidのカメラで撮影した写真に、GPS情報と時刻の文字を描画できるアプリの C#コードのサンプルです。

以前の記事で
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2876.html


Visual Studio 2017のC#・Xermarinを使用した。

Androidスマホの画像ファイルを選択し、
別にGPS情報を取得して、
選択した画像へ、GPS情報の文字を描画できるアプリを作成できましたが。


今回は、
そこからもう少し進めて、

カメラで撮った写真の左上に、
そのカメラで撮った、位置と時刻を描画する。


というアプリにすることが出来ましたので。

この記事にて紹介させていただきたいと思います。

(完成列)
test2017_12_14__07_43_00_2017_12_16.jpg


尚。

基本的な操作に関しては、この記事では
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2876.html
↑以前の記事と重複しますので、割愛させていただきます。


また、今回アプリの作成に当たって。
『Use Camera To Take Photo In Xamarin Forms - Xamarin Help』
https://xamarinhelp.com/use-camera-take-photo-xamarin-forms/

↑こちらのサイト様の情報を引用・参考にさせていただきました。

この場にて勝手ながら、厚く御礼申し上げます。




さて。

ソリューションエクスプーラの、
Propertiesの、AndroidManifest.xmlを開いて、
今回の動作に必要な権限のコードを書き加え、
全てで、以下のようになりました。









また、今回は、GPSと、カメラの機能を使用するため、
App1の部分を右クリックして
「NuGetパッケージの管理」より、

「Xam.Plugin.Geolocator」と、
「Xam.Plugin.Media」を、
を、それぞれ検索して、追加しました。






「Resources」フォルダの
「layout」フォルダ内にある「Main.axml」には、
従前のままで、全てで以下のようになりました。










そして。
「MainActivity.cs」には、従前から、以下のように
コードを書き替えました。

今回は、テスト的な要素が強いため
画像をいったんメモリに書き出すなど、
まどろっこしいコードとなっております。


また、アイコンは、自分の好みに変えているので、
その部分は、変えてください。


また、解放が不十分なので修正して使ってください。

Screenshot_2017-12-13-21-32-34_2017_12_16.jpg
(App1が、今回のソフトです。)













※コード中にあるURLは、
コードの引用・参考にさせていただいたサイト様のURLです。





以上のコードをコンパイルして
「bin」フォルダ内の、「Release」フォルダ内にできる、
「App1.App1-Signed.apk」を始動すると、無事に動作してくれました。

Screenshot_2017-12-13-21-32-47_2017_12_16.jpg



尚、私の先輩にこのアプリの動作確認を依頼したところ。

私のアップロードした「App1.App1-Signed.apk」をダウンロードしたら、

同時に「WPS Office」にて起動されて、中のバイナリが見えるだけで
インストールに進めない。

という不具合が発生したと、教えていただきました。
メールで直接送ることで解決できましたが。

さらには。GooglePlayに登録できるようになれば
根本的に、この問題は、解決するかと思いますが、

それまで、進められるようになりたいです。

以上
ありがとうございました。



test2017_12_14__07_43_24_2017_12_16.jpg

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ