2012年最後の記事■2000年10月8日の、 きんてつ鉄道まつり

いつも、
弊ブログを、ご覧頂き、
誠に、ありがとうございます。

このブログでは、
2012年最後の記事と、相成りましたが、


あいも変わらず。


前回に続き

大掃除で出てきた、拙い写真を、
公開したいと思います。





2012_12_01_basix-1_0-i386_60 - コピー - コピー

こちらは、


メモによりますと、

2000年10月8日の、

「鉄道の日」記念イベント
きんてつ鉄道まつり
で、


五位堂検修車庫に、
行った際に、撮った、



入替用に、改造されている

近鉄1600系電車の、写真です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/近鉄1600系電車




流石。


入れ替え用。
と、だけあって、

私としましては、

この、入れ替え用の連結器に、
ものすごく、関心を持ちました。
2012_12_01_basix-1_0-i386_60 - コピー - コピー


この会場で、

たまたま、

当時の私と、同い年くらいで、
「CCさくら」の本を、持ち歩いていた人と、
仲良くなったのですが、

この連結器に関して、

しばしば、
二人で、盛り上がりましたww



一期一会。

その一時だけ、会った人でしたが、
気が合う人がいると、
やはり、嬉しく感じます。






また、

入れ替え用車両の、隣には、

普段は、あまり見られない、

電動貨車である、

近鉄モト2720形電車
http://ja.wikipedia.org/wiki/近鉄モト2720形電車

2012_12_01_basix-1_0-i386_60 - コピー

なども、
展示されていました。


が、

当時から
線路好きな私としましては、

車両よりも、
その下の、線路の方に、

気が、行ってしまいます。


この路面な場所で、

荷物を、載せたり降ろしたり、
するのでしょうかね~。

夢が、膨らみます。



と、言うことで。


来年も、
良い年で、あることを夢見て。


皆様。
良いお年を~。




ばいにー

スポンサーサイト

テーマ : 撮ってみた - ジャンル : 写真

パソコンウイルスや天然のウイルスに関しての考察?

今回の記事は、

私が勝手に、妄想した、

パソコンウイルスや
天然のウイルスに関しての考察?


です。
2012_01_01_gyaruge_01.png








これまで、
パソコンというものが、普及して以来、

パソコンウイルスに関して、
度々話題になりまして。



私個人としましては、

その感染予防が、
気になる所でございます。

2012_01_01_gyaruge_03.png


そして、
敵を知るには、

まず、敵自身の身になって考えてみる。

と言うことも必要だと、
私は、忘年会で、

剣道の先生に教わりました。




と、言うことで。


もし、

私自身が、
パソコンウイルスを作ると、仮定するなら、
どうするか。



を、
ご参考までにと。

ここに記したいと、思います。






私なら、まず

発生以来、
何十億年と、経験を積み重ねてきた、

自然にいるウイルスに、習った

仕様の、
パソコンウイルスを、構築すると考えます。

2012_01_01_gyaruge_06.png



自然にいるウイルスは、

wikipediaに、

生命の最小単位である細胞をもたないので、生物学上は非生物とされている。



と、あるように

単独では、
つまり、自己を、増殖・拡散できない
モノで、ございます


つまり、
何らかの生物に感染し、
それを、媒体としなくては、存在していけない。

という命題を、持っています。



そして、

この命題は、
詰まるところ、

コンピュータウイルスにしても、
似たような、要件定義が、
必要となってくる訳でございまして。


それが、当然、

コンピュータ「ウイルス」と、
呼ばれる所以でも、ございます。





さて、

では、実際に、
作ると仮定して、


具体的に、

私が、参考にする、
自然界での事例を、挙げるとすれば、

ミクソーマウイルスによる、
兎粘液腫
http://ja.wikipedia.org/wiki/兎粘液腫
の例は、

大変、参考になると思います。



詳しくは、
上記の、wikipediaの記事や、

そのページに記された、
論文に載っているので、
http://bio-math10.biology.kyushu-u.ac.jp/~sasaki/HP/pdf-jpaper/column-myxoma.pdf


ここでは、割愛させていただきます。



他にも、

色々な、自然にいるウイルスの記事や、
論文を、参考にさせて頂きました。






結局、

無知な私が、勝手に、
思い込みで、解釈させて頂くと、


私が、パソコンウイルスを、
構築するなら、


1.まず、適度に長い潜伏期間を持たせて、
2.感染者にとっては、
 それほど気がつきにくい、あまり重篤ではない症状にする。


というような仕様に、
すると思います。
2012_01_01_gyaruge_01.png



■潜伏期間が、短すぎると、
拡散する前に、発症して、
 宿主に発見されてしまい、駆除されてしまう。

■潜伏期間が、長すぎると、
発症する前に、宿主の環境や、
 時代背景などが、変わってしまう。
 また、いずれ発見され、駆除されてしまう。




■症状が、軽すぎると
そもそも、リスクを負って、ウイルスを、作成する目的がなくなる。

■症状が、重すぎると
宿主であるパソコンごと、壊れ、自身も生き残れない。
 症状が重いことで、警戒も強くなり、拡散できない。




以上のような、

トレード・オフの、関係を、加味して、


感染させる宿主の環境や、
感染させる目的に応じて、

具体的な、値を、設定していくと、思います。

↑※しかし、
ここが、実は、一番難しい。

2012_01_01_gyaruge_04.png







最後に
付記として。




私の個人的に考える、
最も、理想的な、

ウイルスの、スタイルは、


感染しても、
宿主にたいして、負担を与えず、

むしろ、

感染したほうが、
共生できる関係にあって、


宿主とともに、
広く拡散できるスタイル。



いわゆる
黄金律に近いスタイルが、

最も、ウイルスが、
繁栄するスタイルのように感じますが、


実際にある、

何十億年と、
淘汰が、効いてきた自然界では、

そうは、なっていない。

と、言うことで、
とても興味深いです。

2012_01_01_gyaruge_03.png




以上

長々と、駄文を書き記し、
失礼いたしました。

ありがとうございました。





テーマ : セキュリティ - ジャンル : コンピュータ

特急「白鳥」

ネットを、
徘徊していたら

また、懐かしいモノを、
見つけてしまいました。


『ペリーの開国要求』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3852329



「開国してくださいよ~。」は、

私の中学時代頃に、
めっちゃ、流行ました~。






と、
言うことで、

前回に、続き。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-1124.html



大掃除で、発掘されてきた、
写真シリーズです。



今回は、

特急「白鳥」
2012_12_01_basix-1_0-i386_65 - コピー
の、
写真を、紹介したいと思います。




今回の写真は、

大阪 - 青森を結んでいた特急「白鳥」を、

そろそろ、
廃止されるんで、ないかい。

と、言われだした頃に、

大阪駅で、
撮った写真です。
2012_12_01_basix-1_0-i386_65 - コピー
※写真が、歪んでいるのは、
ご勘弁を。




この特急は、

当時の
昼行の特急としては、特異な。

大阪から、青森まで、
とても長い距離を走る、特急でした。
2012_12_01_basix-1_0-i386_65 - コピー



是非とも、

一度、
この特急に、乗って、

大阪から、青森。

そして、
札幌まで、行ってみたかったのですが。



夢は、叶わず。


この特急は、

2001年(平成13年)3月3日の、
ダイヤ改正で、
廃止されてしまいました。



※情報の一部は、
wikipediaを、参照しています。



続きを読む »

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

山陽本線・電車特急「はと」 リバイバルトレイン

年末の大掃除で、

押入れを、
ひっくり返していると、

ついつい。
出てくる、懐かしい、アルバムの写真に、
目を、通してしまいます。







あいつか


ああ 知っている


話せば長い


そう 古い話だ


あれはとても晴れた暑い日だった




今から12年前―


電車特急「はと」のリバイバル運転があった
2012_12_01_basix-1_0-i386_74 - コピー








26 AUG, 2000



<<新大阪駅・18番ホーム>>


<<山陽本線・特急「はと」接近中>>
2012_12_01_basix-1_0-i386_77 - コピー


<<各機 迎撃体制をとれ>>



<<カメラ握りしめて待ってろよ>>






─そう あの夏の日が始まりだった


最初の印象は…


そうだな ボンネットは良かったな
2012_12_01_basix-1_0-i386_76 - コピー (2)
※http://www.shattered-skies.net/acecombat/ac0-lines-document-trailer.html
より、台詞を拝借。








と、
言うことで。

掃除を、していたら、


特急「はと」の、
リバイバル運転の時の写真が、

出てきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/つばめ_(列車)#.E3.83.AA.E3.83.90.E3.82.A4.E3.83.90.E3.83.AB.E3.83.88.E3.83.AC.E3.82.A4.E3.83.B3

2012_12_01_basix-1_0-i386_76 - コピー




なお、

使用車両は、
国鉄485系電車でした。
2012_12_01_basix-1_0-i386_77 - コピー



あと、

この編成の博多到着時の写真が、
wikipediaに、投稿されていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:JRWest_train_Revival_Hato_20000826.jpg








大阪から、博多まで。

新幹線で、
より早く行ける様になった今。


在来線の特急で、
博多まで行く。

というのも、

なかなか、
オツなモノだと感じます。



私も、乗ってみたかったです。


テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 趣味・実用

国道422号と、伊賀鉄道・併走 (最終回)

前回より

国道422号線を、
伊賀線に沿って、北進しています。




そして、

市部駅が、
見えてきました。
2012_11_16_上野_06


特に、

何の変哲もない、
単式1面1線のホームの駅です。




副駅名には、
ゆめぽりす伊賀前」

と、ありますが、


「ゆめぽりす伊賀」まで歩くには、

少し遠すぎるようにも、
感じています。
2012_11_16_上野_07


大きな地図で見る








猪田道駅桑町駅間は、

国道422号線と、伊賀線が、
しばらく、完全に、併走します。
2012_11_16_上野_08




そして、

この併走区間で、

常態化しているスピード違反の車が、
よく伊賀線の電車を、追い抜くので、

「車より遅い電車。」

と、
言われる所以の一つに、なっています。
2012_11_16_上野_10


私が高校生時代、
伊賀線で、通学していた頃は、

話題作りに。
この区間で。


「今日は、何台に抜かれるかな~。」
と、

簡単な、
賭けみたいなゲームを、していたもので・・・。

なつかしいです。







そして、
その区間を過ぎると、


422号線は、東に折れて、

伊賀線から離れ、
伊賀市街へと、入って行きます。
2012_11_16_上野_11



ちなみに、

422号線のルートに、従わず、
そのまま、まっすぐ行くと、

芭蕉の銅像があり、
伊賀市の、代表駅で、ある。



上野市駅前に、到着します。
2012_11_16_上野_12


2012_12_12_県道80_03
(↑松尾芭蕉の、銅像です。)




続きを読む »

テーマ : 鉄道の旅 - ジャンル : 旅行

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ