石榑北交差点

前回より


石榑トンネルを、抜けて
三重県に、帰ってまいりました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_129



峠を、抜けると、
気候も、変わるようで。

三重県側は、
滋賀県側と、違って、
全く雪が積もっていませんでした。

2013_01_13_名古屋→滋賀_123
(滋賀県側)








さて。

三重県に、入って、

今度は、
市街地に、出るまで、
長い下り坂が、ある。
2013_01_13_名古屋→滋賀_131


と、
思いきや。



意外と、あっさり。




私の、良く知る。

また、

このブログでも、
何度か取り上げさせて、頂いております。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-720.html



国道306号との、
接点で、ございます。

石榑北交差点に、
出てまいりました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_133



このため。


あとは、

いつも通り、

この、国道306号ルートで、
家へと、帰りました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_134


大きな地図で見る











以上が。

ある日、思い立って。


アニメ作品
『ゆるゆり』の聖地巡礼と。
http://yuruyuri.com/



前から、通ってみたかった。
石榑峠道路を、通ってみに行こう。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-1008.html


と、思い立ち。


早速、
出かけた経緯の、顛末で、ございます。



尚。

この旅行の前後に、
我が家のアルトは、

416kmを、走行して

それに対して、
20.67Lのガソリンを、消費しました。



因って、

今回の旅行での、燃費は、
20.13km/Lでした。



まあ。

高速区間も、走って、
峠の山道も、走ったので、

まずまずの燃費だったと、
反省しております。



スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅 - ジャンル : 旅行

石榑トンネル

前回より

国道421号を、
さらに、進み。


愛知川を、渡る、
トラス橋を、渡りました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_121



そして、

いよいよ。

石榑トンネルへの、
最終アプローチと、思われる。

登坂車線つきの、
新しい登り道が、現れました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_123





とうとう。
この坂を、登り切ると。


この旅の
第二の目的地である、

石榑トンネルが、
見えてきました~。
2013_01_13_名古屋→滋賀_124




これが、
噂の、石榑トンネルですか~。

2013_01_13_名古屋→滋賀_125

なんか、
ワクワクしてきました。




入り口の、看板によると、
全長4157mだそうです。








いざ。
突入!!

2013_01_13_名古屋→滋賀_126


おお~。
さすがに、なげ~。




しかも、
高速道路で、良くあるような

中央線に、ボラードが立っているので
新鮮な感じでした。




それから、
トンネル内部は、

滋賀県側から、
三重県側に、向かって、

長い下り坂になっていて



我が家のアルトでは、

ほぼアクセルを、踏まなくても、
ちょうど良い速度で、均衡しました。



なので、

トンネル内では

基本的には、
ブレーキペダルに足を乗せているだけで
進めました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_127



しかし、
内部を、走ってみると。


改めて、
その長さを、実感しました。




ですが、

いくら、長くても、
いずれは、トンネルは、抜けるもので。


いよいよ。
三重県が、見えてきました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_128

あの光の先が。
                            北勢
                        藤原北勢北勢
                         藤原北勢北多
                          藤原北勢度 桑 長
                          大安員弁多度名島
                          大安員弁東員桑名木
                          菰野員弁東員朝日曽
                         菰野菰野東員朝川越岬
                         四日市四日市四
                        鈴鹿四日市四日市
                       亀山鈴鹿四日市楠楠
                      関亀山鈴鹿鈴鹿鈴鹿
           阿山阿山忍者関関亀山亀山鈴鹿鈴鹿
            阿山忍者忍者関関芸濃亀山鈴鹿
           島阿山大山田芸濃芸濃河芸鈴鹿
        島ヶ原上野大山田大美里安濃河芸河
         島ヶ原上野大山田美里美里安濃安
          上野上野大山田美里津津津津津
           上野上野青山白山久居久居津
         名張名張青山白山白山一志香良洲
          名張名張青山白山一志一志三雲三
          名張名張青山嬉野嬉野嬉野牛牛牛牛明
           名張名張美杉嬉野嬉野牛牛牛牛牛和御薗
              美杉美杉美杉牛牛牛牛牛牛牛小俣御薗     二見
                美杉美杉飯南勢和多気多気玉城御薗二見二見
                美杉美杉飯南勢和勢和多気玉城神宮伊勢鳥羽
            飯高飯高飯高飯高飯南大台度会度会伊勢伊勢鳥羽鳥羽
           飯高飯高飯高宮川宮川大台大台度会伊勢伊勢磯部鳥羽鳥
           飯高飯高飯高宮川宮川大宮大宮度会南勢南勢磯部磯部
            飯高飯高宮川宮川大宮大宮度会南勢南勢磯部磯部阿児
             宮川宮川宮川紀勢大宮南島南島南勢 浜島浜島阿児
           宮川宮川宮大内山紀勢南島南島南島       大王大王
             宮川宮紀伊長島紀勢南島   南島    志摩志摩
            宮川宮川紀伊長島紀勢
           宮川海山紀伊長島
           海山海山海山
            海山海山海山
           尾鷲尾鷲尾鷲
           尾鷲尾鷲
        熊野熊野尾鷲尾鷲
       熊野熊野尾鷲尾鷲
      熊野熊野熊野熊野熊
      熊野熊野熊野熊野
  紀和御浜熊野熊野
 紀和紀和御浜熊野
 紀和紀宝御浜
 紀和紀宝御浜
   紀宝紀宝
    紀鵜殿

三重。






AAは、
http://www.aadayo.com/aa/asciiart3438.htmlより、
お借りしました。






テーマ : ぶらり旅 - ジャンル : 旅行

永源寺ダム

前回より

国道421号を、

滋賀県側から、
石榑トンネルに向かって、
走行しております。
2013_01_13_名古屋→滋賀_113



走行していると、

左手に、
永源寺ダム湖が、
見えてきました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_116




そして。

今回は、

永源寺ダムの横を通ることは、

地図から、
予め分かっておりましたが、

時間の都合上。

そのまま、
通り過ぎることにしました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_117






また。

このダムの手前には、

名前の由来ともなった。


永源寺
http://eigenji-t.jp/


と、
その、門前町がございました。




今回は、

時間の都合上、
寄れませんでしたが、


また、
機会があれば、

ダムとお寺の両方に、
寄ってみたいと、感じました。




そして。

今、
インターネットで、調べると

このあたりでは、

永源寺こんにゃく

というものが、
有名らしいですね。


言われてみれば、
その看板が、たくさん立っておりました。


こちらも、
もし、今度行く際は、
食べてみたいと思います。








永源寺ダム湖を、過ぎて、

さらに、
奥に進むと、

雪も、
さらに深くなってきておりました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_119



しかし、
車道には、積雪がなく。

順調に
進行することができました。


テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

国道421号に、入り、 滋賀県側から、 石榑峠を、目指しております。

前回より

国道421号に、入り、

滋賀県側から、
石榑峠を、目指しております。
2013_01_13_名古屋→滋賀_106


東近江市の中心部を、離れると、

道は、徐々に、
山道へと、なりました。


そして、

最近に設置されたと、思われる。


「この先・積雪」
という案内板も、出て来ました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_108


めっちゃ、積もっていたら
嫌だな~。


とも、考えましたが。


奥に、見える山が、
それほど、真っ白でもないので。


今回は、行けるだろう。と、
判断しました。







そして。


さらに、奥に進んでいくと。
案内板の通り、
所々に、積雪が、見えて来ました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_109


が、
推測通り、

スタッドレスタイヤを、履いていた、
我が家のアルトの走行には、

ほぼ、
支障がない程度で、ございました。







さて。

私は、国道421号は、
石榑トンネルが、開通して、

ついでに、
石榑近辺の道が、全て
対向二車線に、なったのであろう。

と、私は、

根拠もなく、勝手に、
考えてしまっていたのですが・・・。
2013_01_13_名古屋→滋賀_111




実際に、走ってみると、

対向二車線より、
狭くなっている部分も、
ございました。



その一つが、
このトンネルで、ございます。

2013_01_13_名古屋→滋賀_112


岩肌丸出し。とは行かないまでも、
少し古い感じで。


趣を、感じました。



こういうトンネルを、
丑三つ時とかに、走ると、

いい雰囲気が、
味わえるのではないでしょうかwww




まあ、
実際、私は、

以前の排水処理会社時代で、
長距離&深夜を、走っていた頃。

「丑三つ時」に、

青山トンネルを含む。
色々なトンネルを抜けてきましたが、

特に、何も、
出会えませんでしたが・・・。






テーマ : 国内旅行記 - ジャンル : 旅行

八日市IC

前回より

伊吹PAで、休憩しております。
2013_01_13_名古屋→滋賀_002



そして。

じっくりと、
休憩した後は、


出発して、
再び、西を、目指しました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_092


伊吹PAの、
加速車線の、そばには、

まだ、雪が残っておりました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_093






その後。

目的地である。
石榑峠を、目指すべく。

八日市ICで、降りました、
2013_01_13_名古屋→滋賀_095



ちなみに。

ココまでの高速料金は、
900円でした。
2013_01_13_名古屋→滋賀_098

さすが。ETC割引。
お安いですね。




そして。


八日市ICを、降りてすぐにある。

国道421号との、
交差点の案内板には、
2013_01_13_名古屋→滋賀_102

石榑峠を抜けた。

さらに先にある、
「桑名」という、
地名に、なっていたので、



つい。

「おお~。」と、
感心してしまいました。

大きな地図で見る





早速。

国道421号へと、曲がって。

「桑名 いなべ」方向へと、
進みました。
2013_01_13_名古屋→滋賀_105


テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ