万葉線MLRV1000形電車

前回より

ホテルで一泊して、
再び、高岡駅前に来ております。

通りすがりに、
高岡駅停留所を見てみると、
万葉線MLRV1000形電車が、止まっておりました。
2016_10_08-09_高岡02_006_2016_11_20
万葉線MLRV1000形電車は、調べてみると
導入にあたって、脱線などいろいろ紆余曲折があったようですね。

さて、高岡駅を後にして、
さらに西に歩くと・・・。
2016_10_08-09_高岡02_007_2016_11_20


駅の留置線に
「忍者ハットリくん列車」が、留置されておりました。
http://johana-himisen.com/hattori/

2016_10_08-09_高岡02_011_2016_11_20

伊賀忍者が主人公である
忍者ハットリくんの列車がなぜ、高岡に?とも、思いましたが。

作者の藤子不二雄Aさんが、
富山県氷見市ご出身ということで、ゆかりがあるのですね。

一方、忍者ハットリくんの元ネタとなる伊賀流の出典である
伊賀鉄道は・・・特に何もなかった。



さて。
高岡駅西の留置線の下をくぐる道路にやってきました。
2016_10_08-09_高岡02_013_2016_11_20

私が当時、印刷して持ち歩いていた
『ゆるゆり さん☆ハイ! 聖地巡礼(舞台探訪) エリア別ガイド【全話まとめ】』サイト様の
http://d.hatena.ne.jp/nobumichi02/20160114/1452783625

情報によりますと、この地下道を抜けると、聖地があるようでございます。
2016_10_08-09_高岡02_014_2016_11_20






スポンサーサイト

テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

高岡駅の散策を終えまして、 ホテルへと帰りました。

前回より

高岡駅の散策を終えまして、
ホテルへと帰りました。
2016_10_08-09_高岡01_181_2016_11_20


ホテルに戻って、早速。

タブレットを使用して、
撮った写真の整理を行ってから、眠りにつきました。
2016_10_08-09_高岡01_185_2016_11_20


翌朝。

日の出の少し前に起床しました。
2016_10_08-09_高岡02_003_2016_11_20

日の出前の暗い時間だと、
私の手持ちのカメラ達では、うまく撮れないのですorz
2016_10_08-09_高岡02_002_2016_11_20
良いデジカメを買えばいい話なのですが・・・。


なので。
今回は、日の出の時間とともに、
かつ、人が活動し始める前に、

アニメ作品『ゆるゆり さん ハイ!』
聖地巡礼をしてしまおうという算段でございます。
2016_10_08-09_高岡02_005_2016_11_20
と、言うことで、
日の出の少し前である、6時前に、いったんホテルを出ました。

天候は、昨日よりの雨が続いておりました。


明るくなって。改めて。
信号が縦方向であると、再認識しました。



テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

加越能鉄道デ7070形電車

前回より

万葉線の高岡駅停留所入り口の
剛体架線に切り替わる場所を見学した後は、

高岡駅北口の駅前を、
もう少し散策してみることにしました。
2016_10_08-09_高岡01_169_2016_11_20


歩道橋あたりを散策していると、
独特の吊り掛けの音がしてきて、

加越能鉄道デ7070形電車が、
私の眼下で、高岡駅停留所へと入っていきました。
2016_10_08-09_高岡01_171_2016_11_20

早速。

これを追いかけて、高岡駅停留所へと戻りました。
2016_10_08-09_高岡01_174_2016_11_20

おお、いますね。いますね。
これぞ、THE路面電車。といったスタイルの電車が。
2016_10_08-09_高岡01_175_2016_11_20


それなのに、この新しい駅にいるという組み合わせも。
これまた、斬新だと感じました。
2016_10_08-09_高岡01_177_2016_11_20
一灯式の前照灯が、よく映えていますね。


集電装置は、
これも、THE路面電車的な?Zパンタですね~。
2016_10_08-09_高岡01_176_2016_11_20

この7076も、
末永く頑張っていただきたいと感じました。
2016_10_08-09_高岡01_179_2016_11_20

そして、
私がもし足腰が元気だったなら、
ぜひとも、この電車に一駅程度乗車して、歩いて戻ってくるのですが。

今回は、足の活動限界が近くなっていたため。
泣く泣く、この列車を見送り、ホテルへと、帰還いたしました。






テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

イチゴジャムで、赤外線受信テストしました。

先日。

京都にお墓参りに行った際に
マルツ 京都寺町店にて、なんとなく、

GROVE - 赤外線受信器
http://www.marutsu.co.jp/pc/i/829148/

2016_11_09_IR受信_17_2016_11_20
を、購入いたしました。
センサー類で、安く実用性もありそうだったので。


で、
まず、買ったものの、イチゴジャムとの接続方法や、使い方など、
導入のいろはの所から分からず・・・。

センサーの基盤にある
GND/VCC/NC/RXの4ピンを、接続する前段階から
電子工作に詳しい、友人にいろいろと、教えてもらいました。

VCCは、電源の意味で、
NCは、接続の必要がないこと。
RXに、受信の情報が乗るということを、知りました。

センサー側のGNDと、イチゴジャムのGNDを接続して(黒線)
同様に、VCC同士を接続し、(赤線
センサー側RXを、イチゴジャムのIN1に接続しました。(黄線
2016_11_09_IR受信_14_2016_11_20

2016_11_06_赤外線受信成功_03_2016_11_20


上記の接続で、TVのリモコンを使って
赤外線の受信テストをしたところ
2016_11_06_赤外線受信成功_07_2016_11_20

赤外線を受信すると、Low。
赤外線を受信していないと、Hi。

つまり、赤外線を
受信すると、0が返ってくることが分かりました。



そこで。
以下のような雑な
赤外線の受信回数をカウントするコードを、
イチゴジャムで組んで実行してみました。



2016_11_09_IR受信_21_2016_11_20


すると。
以下のような結果が得られました。

2016_11_09_IR受信_22_2016_11_20

ループの間に
赤外線を受信しなかった値が、
220回あたりで、少ないのが、リモコンの電源ボタン。

240回あたりで、多いのが、
それ以外のボタンを押した結果でございます。

つまり、ループの間に
電源ボタンのみほかのボタンより
20回程度多く光っていることが分かりました。


今回は、
ボタンの識別を狙ってコーディングしているわけではないのですが、

電源ボタンだけは、だいたい認識できることが分かりました。


電源ボタンだけは、ほかのボタンと比べて
情報量が多いものと思われました。

テーマ : 電子工作 - ジャンル : 趣味・実用

剛体架線式から、シンプルカテナリー式に切り替わる場所

前回より

万葉線の高岡駅停留所の手前。
高岡駅の構内に入る直前の場所へときております。
2016_10_08-09_高岡01_163_2016_11_19

万葉線の架線は、
高岡駅の構内は、鋼体架線
2016_10_08-09_高岡01_156_2016_11_19

それ以外は、シンプルカテナリー式。であり、

その架空電車線方式を、
切り替える場所が、見てみたかったのです。

2016_10_08-09_高岡01_150_2016_11_19

剛体架線式から、シンプルカテナリー式に切り替わる場所は、


他にも、

京都市営地下鉄の竹田駅⇔くいな橋駅間や、
京阪の七条駅近くでも見られますが、

こうして間近でじっくりと。
しかも、軌道線のものがみられるとは、眼福でございます。
2016_10_08-09_高岡01_151_2016_11_19

こうやって見ると。

鋼体架線の方が、
直観的で、シンプルなつくりであると、再確認できました。

あと、架線の切り替え場所は、
同時に、線路が分岐する場所にもなっていて
分岐器も、ございました。
2016_10_08-09_高岡01_160_2016_11_19







Windows 10 Anniversary Updateになってから、
ブルースクリーンを、しばしば見かけるようになりました。
2016_11_09_IR受信_06

Excelで、比較的大きなサイズのファイルを扱っている際に
出ることが多いように感じます。

私の家のパソコンでも、職場のパソコンでも・・・。
しかも、そのままPCが再起動に入るのですが。
それまで保存していなかったデータが飛んでしまうわけで・・・。

Windows 10 Anniversary Update。
少し不安定なOSであると、感じます。





テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ