帰りも、行きと同じく。 国道24号線から、京都府道7号線を通り 宇治を抜けるルートにしました。

前回より

京都のアニメショップに寄った後は。
一方通行の、ラビリンスを抜けて。
2015_06_29_京都・宇治_ドラレ(帰り)_131


大通りから。
京都駅前へと、至り。
2015_06_29_京都・宇治_ドラレ(帰り)_159

帰路へと、付きました。







りも、行きと同じく。

国道24号線から、京都府道7号線を通り
宇治を抜けるルートにしました。
2015_06_29_京都・宇治_ドラレ(帰り)_187



国道24号線から、京都府道7号線に入ったところ。
京都府道7号線が、わりと混んでおりました。
2015_06_29_京都・宇治_ドラレ(帰り)_197


そこで、

桃山南口の交差点より、
別の道を走ることにしました。
2015_06_29_京都・宇治_ドラレ(帰り)_203


この道を曲がったのは、
もうひとつの目的地へと行ける。という事もありましたが。。。









このルートの途中で、
外環伊賀
2015_06_29_京都・宇治_ドラレ(帰り)_201

という地名があって。

三重県の伊賀地区に住む私としては
「おっ」と、地名に反応してしまいましたw





スポンサーサイト

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

コメント

Re: No title


ふぐにさん。 様へ


こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 大阪府の羽曳野市にも「伊賀」という町名があります。
> 地名の由来はどうなのか、以前より気になっております。

そうなのですか。
羽曳野にも、伊賀と言う地名があったのですか。
初めて知りました。
「伊賀 地名 由来」で検索したら
http://www.iwashinbun.co.jp/data/iwanp/ezogo/
↑このようなサイトがヒットしました。

他にも調べてみると、
とりあえず。もともとイカと言うような地名がそこにあり
漢字を後から当てはめて
伊賀。となったように書かれていました。


> 宇治の六地蔵。
> JR線の駅名にもなっていますが、滋賀県栗東市にも同じ地名が。
> 他にも各地にあるようです。
> これは「地蔵菩薩の像を6体並べて祀った地蔵」に由来しているようです。

そうなのですか。
三本松とかも、各地にあるようですが。
何かしら特徴のある三本の松があった。と言うようなことに
由来しているようです。

案外地名の由来も、単純なものもあるのだと思います。

ありがとうございました。

No title

こんばんは。

>三重県の伊賀地区に住む私としては
「おっ」と、地名に反応してしまいましたw

大阪府の羽曳野市にも「伊賀」という町名があります。
地名の由来はどうなのか、以前より気になっております。

宇治の六地蔵。
JR線の駅名にもなっていますが、滋賀県栗東市にも同じ地名が。
他にも各地にあるようです。
これは「地蔵菩薩の像を6体並べて祀った地蔵」に由来しているようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ