dynabook G20 490LS を、修理しました。 その2

回より。

知り合いの方から、
購入してから、すぐに不調となり、
お蔵入りしている。
と言う。


dynabook G20 490LS
http://dynabook.com/pc/catalog/support/search/user/cgi-bin/disp.cgi?pid=PQG20490LS&dir=DBsCO


というノートパソコンの修理を、依頼され。

思いがけず。
2つも出てきた、ハードディスクのバックアップ作業を
それぞれ行いました。






その後。

PCを起動してみると。
早速、ブルースクリーンを拝むこととなりました。
2015_09_23_01050.jpg

何度、起動を繰り返しても、
同じ画面となるので。

これが原因と考えました。


同時に、
LinuxのLiveCDで起動を試みても、起動に失敗しました。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-1356.htmlなどで。

これにより、ハードウェアによる不具合だろうと、推測しました。



エラーメッセージには、
0x0000008Eと。
2015_09_23_01009.jpg

0x0000007Eとが。
2015_09_23_01092.jpg

半々ぐらいの確率で表示され、
ここから、原因を調べてみると。


以上の結果から。どうやら。
メモリの故障か、メモリの互換性。
はたまた、マザーボードの故障。
らしい。
という結果が得られました。

参考サイト。
http://bunkai2010.web.fc2.com/bs/bs_15.html







そこで。

「Memtest86+ V5.01」というOSのLiveCDで、
メモリ診断をしたところ。

不具合が、たくさん出てきました。
2015_09_23_01098.jpg
(※画像は、正常化した後の診断結果のものです。)






早速。

ノートパソコンの裏の
メモリのところのパネルを開けたところ。
2015_09_23_01096.jpg

種類の異なるメモリが2枚、挿してありました。


そこで。


とりあえず。
増設したらしいメモリを、取り除いてみて動作確認したところ。
正常に動作しました。



因って。このPCの不具合の原因は、
増設したメモリの故障か、互換不良。
または、このメモリスロット。であると、判明しました。

2015_09_23_01095.jpg←犯人?






上の事を、知人に伝えたところ。

そういえば、
大手家電量販店で、メモリの増設をしてもらって以来
このパソコンの調子が悪くなり、
お蔵入りしてしまったとの事。



皆様も、

もし、他の人や店舗でメモリ増設した後に、
パソコンが不調となった時は、すぐに、申し出るようにしてください。





原因のメモリを取り除いた後は、
調子よく動作して。

手順通り、WindowsXP・OSのリカバリ/再インストールをしてから、
2015_09_23_01071.jpg

必要なデータを、元に戻して。
知り合いの方に返却しました。
2015_09_23_01075.jpg


尚。

このパソコンのリカバリ用のOSが、

地味に、Windows98ベースで作られていたことに、
少し驚きました。






以上

僭越ながら、繰り返しになりますが。

パソコンのメモリ増設後は、
メモリの故障や、互換性などから、
不具合が発生しやすいので、

皆様も、十分に注意して下さい。


そして、他人に増設を依頼されていた場合は、
すぐにその方に、申し出るようにお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。





スポンサーサイト

テーマ : パソコン修理・サポート - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ