自作PC・現サブ機の修理について その1(問題発生編)

今回は、

今のサブ機である。AthlonII X3 445機
発生した不具合と、その対策について、
記事にしていきたいと思います。





以前。

意気揚々と、LINEを、サブ機にて、開始したのですが。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2113.html

2015_11_06_Rana修理_10


Android・OSにて、
LINEの運用開始してからしばらくして、

・パソコンの電源が入るが、起動後3~5秒ぐらいして、
 HDDが動き始める前か、動き始めた頃に、勝手に電源が落ちる。
 という事が、度々起るようになりました。
 但し、タイミング良く?一度起動してしまえば、動き続ける。

という症状が、顕著になってまいりました。


これはいけない。と、原因を調べるため。

・パソコンを、最小構成にして起動を試してみても、
 同じ症状が起こるため、HDDや、その他のハードウェアが原因でなく
 マザボ、電源、メモリ、CPU、スイッチのどこかに原因があると思われました。


※マザーボード(メインボード)のことを、マザボと省略表記しております。



そこで。

・以前、ボタンが戻らず押しっぱなしとなったという前科がある
 PCケースのスイッチを疑い。
 スイッチではなく、工具のマイナスドライバーでピンを短絡して起動させたところ。
 起動後3~5秒ぐらいして、勝手に電源が落ちる症状の頻度は低下しましたが、
 やはり、同じ症状が起こりました。



尚、この際、スイッチを取り外そうとして、
PCケースのスイッチ部分を破損してしまいましたorz
2015_11_06_Rana修理_22
(右側が、折れていますorz)

しかし、どの道、
内部のスイッチ本体の、押しみ部分である頭が傾いていたため、
PCケース付属のスイッチ一式は、破棄することにしました。
2015_11_06_Rana修理_23



次に、メモリの故障を疑い。

・挿さっているメモリを、現在のメインPCに挿入して
 「Memtest86+ V5.01」というOSのLiveCDで、
 メモリ診断を行いましたが、1回完走では、特に異常は見られませんでした。

2015_11_06_Rana修理_30



・電源は、買って1年が経っていませんが、念のため、
 予備の予備機である「NEC PC-MA10TCZ」に接続して
 動作テストをしてみましたが、特に異常なく動作しました。

2015_11_06_Rana修理_42

ついでに、テストを兼ねて、「NEC PC-MA10TCZ」に挿さっているメモリも、
「Memtest86+ V5.01」で、診断して、異常はありませんでした。

2015_11_06_Rana修理_43

ちなみに。余談ですが。
この、予備の予備機である「NEC PC-MA10TCZ」で、
HDD内のAndroid・OSを、動かそうとしたのですが、
2015_11_06_Rana修理_56

やはり、ダメでした・・・。




以上のことより、
以下の原因が考えられました。


・消去法により
 CPU、特に症状からしてマザボの不具合が、
 今回の症状の原因と考えられました。

 この症状を、ネットで調べた結果でも、
 マザボの不具合が示唆されていると感じられました。



また、追加として。

・今回の一連の原因確認を行い、
 何度か起動の試みを、繰り返しているうちに、

 起動して動いていても、
 モニタ画面が黒く、信号が無いままの状態となりました。
 この症状は、モニタのケーブルを交換しても、
 予備のPCIグラボを、PCIポートに挿入しても、
 変化しませんでした。



以上
の推測と、問題をかかえながら。


明日の記事へと、続きます。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2128.html





スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ