梅田の南側を歩いてみた

前回より

大阪駅の高速バスターミナルで休憩した後は、
今回、大阪に来た目的である。

私が受付を任されている
友人の結婚式場の下見を行いました。


その後、

梅田周辺を少し歩いてみることにしました。
2015_11_23_大阪_071

阪神百貨店が、
再開発の関係で、半分になっていたり

2015_11_23_大阪_074
阪急百貨店の建物が新しくなっていたりと。

ちょうど、10年前に
大阪駅を通って専門学校に通った時代から、
だいぶ様変わりしているように感じました。


また。

ついでに、
コミックとらのあな梅田店とか行ったことないので、
行ってみようかとも思いましたが。
2015_11_23_大阪_073

前日に、張り切って町内清掃をしすぎた関係から
すでに足のしびれの限界が近く。
店に入って、物色などしている余裕がない。と、判断して、

駅へと、引き返すことにしました。
2015_11_23_大阪_076

戻る途中、呼び込みに遭ったのですが。

ただでさえ、足のしびれが来ている上に
速く歩けないので、なかなか振りきれず。
しつこく付きまとわれ、困りました。

私としては、強めにきっぱり。
いりません。しつこいです。と、言っているのですが。

なんなのでしょうか。














実は、
友人の結婚式の日の3週間前になって、

私の住む地域での重要な自治会の開催日が、
友人の結婚式の日と同じ日に、変更になりました。

私は、友人の結婚式を優先し、
母も、事前に、重要な用件が入っていたので

開催日変更となった重要な自治会への欠席を、告げたところ。


「なんで出られないのだ!」
→「事前に知らせがあった予定の日に合わせて
 スケジュールを入れてしまいました。」
→「予定はあくまで予定であって、なんで鵜呑みにしたんだ!」
→「」



お、おう。
それでペナルティとか言われましても・・・・。

そちらの予定に合わせて、こちらも予定をしてまして。
その予定を信用できないとするのなら
「予定」という信用制度が崩壊すると思います。

確かに、
予定が変更になることは多々あると、思いますが
その場合は、変更の際は何日の開催で、
どういう場合に変更になるのかを、予め定めておくべきだと思います。

また急に変更になった場合、
当然出席できない人が出てくるなど、
当初のプランと異なってくると思いますので、
その際の対策も考えておくべきだと思います。

なぜ開催日が変更になったのか、分からず。
どうも腑に落ちないと、感じました。



スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ