MS-Dos6.22環境で、Mpxplay v1.60 (DOS32A)を利用して、1フロッピーでCDを再生してみた

以前の記事で
『One Floppy Players / Jednodisketové prehrávače』を利用して
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2161.html


私は、1フロッピーで、CDを再生させる。
という目標を達成しましたが。


回は、
MS-Dos6.22環境で、Mpxplay v1.60 (DOS32A)を利用して、
1フロッピーでCDを再生させることが、出来たので、
報告させていただきます。
2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_08.jpg




まず、

MS-Dos6.22環境で、Mpxplay v1.60 (DOS32A)を利用するまでの過程について、
私が行った方法を、報告させて頂きます。

最初に、
『MS-DOS Boot Disk Download | AllBootDisks - Providing Free Boot Disk Downloads. MS-DOS to Windows XP.』
http://www.allbootdisks.com/download/dos.html

こちらのサイト様にて、

「Diskette Image」から、
「Dos6.22.img」(1.40 MB )を、
ダウンロードしました。

これを、前回と同様に、
img ファイルをフロッピーディスクに書き込むソフトである
rawwritewin-0.7
http://www.chrysocome.net/rawwrite

こちらのソフトを、利用してフロッピーに書き込みました。


そのままでは、フロッピーは、容量が一杯で、
Mpxplay v1.60 (DOS32A)を入れる余地がないので、

出来たフロッピー内の


AUTOEXEC.BAT
CD1.SYS
COMMAND.COM
CONFIG.SYS
HIMEM.SYS
IO.SYS
MSCDEX.EXE
MSDOS.SYS
SYS.COM



以上、9個のファイル以外を、
ざっくりと削除しました。

2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_57.jpg
これで、OS側は、準備完了です。


続きまして。

『Welcome to the PDSoft Homepage』
http://mpxplay.sourceforge.net/

こちらのサイト様にて

「Mpxplay v1.60 (DOS32A)」{MPXP160D.ZIP}を、
ダウンロード致しました。

このzipを解凍して、生じたファイルすべてを、
先ほど、準備したフロッピーディスクに書き込みました。
2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_58.jpg


以上で。
1フロッピーで、
Mpxplay v1.60 (DOS32A)を利用できる準備が、整いました。
2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_59.jpg





早速。

出来上がったフロッピーを、
旧・Windows98機で、penIII機である。
NEC PC-MA10TCZに、投入して、
このフロッピーから、MS-DOSを、起動しました。

そして、MS-DOSの起動後に、
「mpxplayer」と、打ち込んで、
2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_17.jpg


Mpxplay v1.60 (DOS32A)を、起動させました。
2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_04.jpg


そして、
「Alt」+「F1」キーを、押し下げて、
CD-ROMドライブを選択しました。
2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_07.jpg


そして、再生するトラックを選択すると、
CDの音楽の再生が始まりました。
2016_01_04_MS-Dos6_22+MPXP160D_15.jpg


と、
記事が長くなってしまったので、
次回に分割させていただきます。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2176.html

スポンサーサイト

テーマ : フリーソフト - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ