94V-0 E153302

ハードオフ 三重上野店にて、
ジャンク品をあさっていて。

ふと、目が合った?この商品。
2016_01_12_SATA→USB変換器_01


「94V-0 E153302」と、基板に書かれていて
なんだろう?と、思って。手に取りまして。


じっくりと観察したところ。
なんか、外付けHDDに入っていた、
SATA→USB(mini-Bタイプ)などに変換する、基板らしい。
と、分かったので。
2016_01_12_SATA→USB変換器_07

以前購入した、
SATA/STA→USB変換ケーブルの、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-1674.html

予備となると考えられたので、

家に連れ帰ることにしました。
2016_01_12_SATA→USB変換器_05



ちなみに、
SATA→IEEE 1394にも、変換できそうな様子ですが、
IEEE 1394のハードウェアや、ケーブルは、所有した経験もないのです。

IEEE 1394は、結局、普及しないまま、廃れてしまったので、気になります。









さて。

連れ帰ったものの。
今現在、手持ちでフリーの
SATAインターフェイスのハードウェアを持っていないので・・・。
(全てメインPCに接続していて、取り外すのが面倒なので。)


動作テストとして。

IDEインターフェイスのDVD-ROMドライブを、利用して。
IDE→SATAと、変換して、
購入した基盤のSATA通信ケーブルに、直接つなげて、
2016_01_12_SATA→USB変換器_17
基盤からPCには、
USB(mini-Bタイプ)ケーブルと、
USB給電ケーブルをつなげて。

DVDビデオを入れて、再生テストしてみた所。
2016_01_12_SATA→USB変換器_18


無事に動作しました~。
2016_01_12_SATA→USB変換器_30


ちなみに、
IDEハードウェアへの給電は、
基盤のSATA電源から取りたいところでしたが、
端子の形状による干渉の関係から、出来なかったので。


以前、小改造?して短絡した電源ユニットから、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-1673.html

給電しております。
2016_01_12_SATA→USB変換器_29


同様に、

IDEインターフェイスの、3.5インチHDDも、
SATA変換を介して、USB(mini-Bタイプ)として、
USB給電ケーブルがなくても、PC接続ができました。
2016_01_12_SATA→USB変換器_31

※DVD-ROMドライブは、
USB給電ケーブルを抜いて使用すると、
動作不良を起こしました。



と、言うことで。

初見では、得体の知れなかった。
「94V-0 E153302」と銘打たれたこのジャンク品を、

無事に、
SATA→USB(mini-Bタイプ)に変換して、使用できることが分かり、
大変、楽しむことができて面白かった。と、感じております。


また、
以前購入した、SATA→USB変換ケーブルより、
安定して動作しているような感覚を持ったので、
重宝させていただきたいと考えております。
2016_01_12_SATA→USB変換器_33


スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ