亀山の保線基地へと伸びる。 線路の分岐器

前回より

亀山駅の
旧亀山機関区の周辺を見学しております。


今回は。
保線基地へと伸びる。
線路の分岐器を、取り上げたいと思います。
2016_04_18_亀山_119

こちらの分岐器は、
転轍機のところだけ、枕木が新しくなっていて、

定位、反位を示す丸い白黒の標識が、
付いておりました。
2016_04_18_亀山_091

保線基地の入り口には、
所謂、ダルマと言われる普通転轍器があり、
2016_04_18_亀山_093


その先には、
転動した列車が、本線に侵入したりしないように
脱線器が、設置されておりました。
2016_04_18_亀山_095

脱線器は、
私は、あまり見かけないので
珍しく感じました。

そして。

いよいよ、この奥に止まっています
キハ25を見に行くことにしました。
2016_04_18_亀山_092





ついでに。

撮影した場所の足元を見下ろすと、
亀山城の多門櫓をデザインした

ご当地の
汚水用マンホール蓋がございました。
2016_04_18_亀山_157





スポンサーサイト

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ