名二環。

前回より

東名・名古屋ICで降りて、
名二環に乗ろうとしております。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_259


が。

ここが、わりと難易度が高くて
2016_05_01_静岡_ドラレコ_260

うかうかしていると、直進して、
名二環ではなく、出口へと行ってしまうので、注意が必要なところでございます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_261

さて、アプローチの高架を抜けると
名二環の入り口が見えてまいります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_263


名二環。
正式名称・名古屋第二環状自動車道は。
2011年までは、「東名阪自動車道」と、名乗っていたので

名前のところだけ書き替えられ、
周りの緑色が、新しくなっていました。



いよいよ、入り口に差し掛かりました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_264
特に、渋滞も表示されておらず、
迂回して良かったと感じました。



ここで、料金所を通過するので
一旦、高速料金が〆られます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_266

東名御殿場から、
東名名古屋までの軽自動車での高速料金は、〆て
2016_05_01_静岡_カメラ3_49

平日の昼間なので、割引なしで
4,340円でございました。

この間の所要時間は、
3時間25分でございました。


そして、この間の距離は
地図から見積もって、およそ
233kmなので、



私の運転での
この間の表定速度は、
68km/hでございました。


まあ、私らしい。
こんなもんじゃないかな。と、思う表定速度と感じました。




いよいよ。

名古屋の都市高速のようで
そうではない、名二環へと進み入りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_270





スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

Re: No title


KZ-1 様へ


こんばんは。
いつもありがとうございます。

> これは難易度が高い…右側に入口があると
> 進路変更をして、入れてもらわなきゃいけないから、
> 少し面倒ですね。

そうですね。
基本的に左側の車線を走るように教育れているので
左を走っていて、不意に右に行く必要が出てくると

そういう時に限って、
右側の車線が混んでいたりして、面倒に感じます。

> 最も、あまり私の普段の行動範囲で名古屋高速白川IC
> より遠くにいくことはあまり無いのですが…
> 多分、ここ最近で一番東に行ったのが5年前に東名高速
> の岡崎ICです。

いえいえ。
私の走行距離も、鹿児島から北海道を走り回っている
長距離トラックの人と比較したら、可愛いものでございます。

私も、前の会社で
名張から御殿場に通う業務を命じられなかったら
そこまで長距離は走行せず
もっと電車を活用している人間になっていたと思います。

> 速いですね。
> もっとこう、新幹線に比べると圧倒的に
> 遅いかと思ってましたが、意外とそうでもないという…

いえいえ。
似たような区間である熱海~名古屋の261.4kmを

ひかり467号が、所要時間1時間26分で
http://ekikara.jp/newdata/detail/2301011/46537.htm
表定速度が、182km/h。

こだま643号が、所要時間2時間3分で
http://ekikara.jp/newdata/detail/2301011/46537.htm
表定速度が、128km/h。
と、
私は、その6割にも満たない速度でございます。

こだまなら、べらぼうにぶっ飛ばす人なら
休憩なしで何とかなるかもしれないですが・・・。

ちなみに、
最速ののぞみ265号の表定速度は、217.8km/hらしいので、
http://2015.iijiman.com/tec.php
私より、だいたい3倍速いですw

私と同じ、233km/hを、1時間4分程度で駆け抜ける計算です。

ちなみに、リニア新幹線の表定速度は
時速450㎞程度らしいのですが、これだと、
31分で駆け抜けるそうです。Oh...

ありがとうございました。

No title

こんばんは。

>うかうかしていると、直進して、
>名二環ではなく、出口へと行ってしまうので、注意が必要なところ
>でございます。

これは難易度が高い…右側に入口があると
進路変更をして、入れてもらわなきゃいけないから、
少し面倒ですね。

最も、あまり私の普段の行動範囲で名古屋高速白川IC
より遠くにいくことはあまり無いのですが…
多分、ここ最近で一番東に行ったのが5年前に東名高速
の岡崎ICです。

>この間の所要時間は、
>3時間25分でございました

速いですね。
もっとこう、新幹線に比べると圧倒的に
遅いかと思ってましたが、意外とそうでもないという…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ