名二環の半地下区間

前回より

名二環を走りに来ております。

上社JCTから。名二環に乗るための
ヘアピンカーブに差し掛かりました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_273


こういうビルの見える急カーブがあると、
都市高速だな~。と、私は感じます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_276
名二環は、都市高速ではないですが。。。



さて。

ヘアピンカーブのアプローチを抜けて、
名二環に合流しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_278


合流してすぐに、地下に潜ります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_279

川を橋梁で超えるのではなく、
地下トンネルでくぐるという方法をとっている道路で

そのまま、半地下区間となります。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_280


こういう構造の高速道路は、
走っているとなんだか興奮してきてしまいます。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_281

2016_05_01_静岡_ドラレコ_283


と、いうことで。

勝川IC手前で勾配を上り
高架の高速道路へと戻りました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_284





そして。

これまた、初見では迷いやすい?
名古屋西JCTへと、到達しました。
2016_05_01_静岡_ドラレコ_286

私は、初めて通った時は、
「名二環」ではなく「東名阪」だったので

「東名阪」から「東名阪」へと行くのだから
四日市方向が二車線になっていて、
そこから、名古屋高速方向が分岐するのだろと、考えてしまいましたが
2016_05_01_静岡_ドラレコ_287


実のところは
二車線の道がそのまま、二手に分かれる構造で
2016_05_01_静岡_ドラレコ_288

右にあらかじめ寄っておかないと、
間違った方向へと進んでしまう構造でございました。


そうして。

このまま東名阪に乗り、家へと帰りました。


というのが、
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2303.html
↑この記事から始めた
今年の静岡旅行での、一連の記憶でございます。



長いことお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ