延命地蔵菩薩 おんばさん へと、来ております。

前回より

延命地蔵菩薩 おんばさん
へと、来ております。
2016_04_25_伊勢奥津_172


おんばさん。という名前も新鮮ですが、
この垂れ幕が、どことなく茶店っぽく感じました。
2016_04_25_伊勢奥津_174
茶店”おんばさん”の隣にお地蔵さんがありますよ。
みたいな・・・・。

昔、京都大丸店の中に似たような名前の
お団子&そば屋さんに、よく祖母に連れて行ってもらった記憶があるもので・・・。



境内には、
由緒が書かれた案内板もございました。
2016_04_25_伊勢奥津_175

今からおょそ300年前に
子供たちを疫病かせ救いたいと、お祭りしたのが始まりだそうで


病気になった子供の親が
おんばさんから、そのよだれかけを1枚借りていき
子供に掛けて、快復を願い。

治ったら、
新しい1枚を添えてお礼参りするのが、

習わしだそうでございます。
2016_04_25_伊勢奥津_203



さて。

私は子供を持たないといいますか
結婚以前に、彼女さんもいない状態ではございますが

参拝させていただくことにしました。
2016_04_25_伊勢奥津_177


屋根の中には、
習わしに従って、沢山のよだれかけが掛かっておりました。
2016_04_25_伊勢奥津_176

こういう光景を見ると、
宗教文化らしい光景だな~。
皆様に愛されているな~。と、感じます。


寺務所は、トタン屋根の
これまた古まった家屋で、味を感じました。
2016_04_25_伊勢奥津_178


こうやって、周りを見渡すと、
おそらく、平成時代のものらしきものが目に入って来ず
2016_04_25_伊勢奥津_180

これでも、一応、合併して
我が三重県の県庁所在地たる、津市の一地域なんですよね~。

と、思ったりしておりました。



以上

伊勢奥津駅周辺を散策したので、
家へと変えることにしました。

スポンサーサイト

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

コメント

Re: No title


kz-1 様


こんばんは。
いつもありがとうございます。

> まんが日本昔ばなしに出てきそうな話ですね。
> こういう意外に知られていない民間信仰や民話って
> 探せば結構、どこにでもあるんですよね。

そうですね。
こういう話をまとめて、まんが日本昔ばなしが
出来上がって行ったのだと感じます。

『おんばさん』と、
独特のフォントでタイトルが出て
下のところに<三重県津市>と書かれるようなものでしょうか。

> 津市が合併したのも、四日市・鈴鹿への対抗意識、
> 特に四日市を超えるためにわざわざ大合併をしたと
> 聞きます。しかし、僅差で四日市に敵わず…面積だけ増えて
> 旧津市・旧久居市とそれ以外の自治体で、かなり発展に
> 差があるみたいですね。

そうなのですか?存じておりませんでした。
合併に、四日市への対抗意識があったのですね。

津も松坂も、周囲自治体を飲み込み
面積だけべらぼうに増えたイメージがございます。

ちなみに、美杉村は
名張市との合併を希望していたとも、聞きます。

> まぁ、四日市でも水沢地区とかはあまり発展していませんが…

政令市である、浜松市も、
水窪とかだと、過疎地ですから。
合併で、各地域がまんべんなく発展するとは限らないと感じますね。。。

ありがとうございました。

No title

こんばんは。


>治ったら、
>新しい1枚を添えてお礼参りするのが、

>習わしだそうでございます。

まんが日本昔ばなしに出てきそうな話ですね。
こういう意外に知られていない民間信仰や民話って
探せば結構、どこにでもあるんですよね。

>これでも、一応、合併して
>我が三重県の県庁所在地たる、津市の一地域なんですよね~。

津市が合併したのも、四日市・鈴鹿への対抗意識、
特に四日市を超えるためにわざわざ大合併をしたと
聞きます。しかし、僅差で四日市に敵わず…面積だけ増えて
旧津市・旧久居市とそれ以外の自治体で、かなり発展に
差があるみたいですね。

まぁ、四日市でも水沢地区とかはあまり発展していませんが…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ