城端線ホームで一休み

前回より

高岡駅の側線に止まっていた
キハ47の編成を観察しました。
2016_10_08-09_高岡01_048_2016_11_06


そして、

少し足が疲れてきたので、
待合室で休憩をさせていただきました。
2016_10_08-09_高岡01_071_2016_11_06

城端線の待合室は、誰もおられませんでしたが、

向かい側の、北陸本線の待合室には、
ちらほらと、人の影が見えました。
2016_10_08-09_高岡01_078_2016_11_06


待合室で、ボーットしながら、昔のことを思い出していました。。。。

かつて、富山大学に入学が決まった時。
住む家を探しに、急行きたぐにで、早朝4時半頃に富山駅に着いた際に、

富山駅の待合室で、夜が明けるまで
寝ていたことを、思い出します。
そして、寒かった記憶も・・・・。

しかし、あの頃は、急行きたぐにがついた後すぐの
5時前から、大阪行きのサンダーバードが出ていて
駅の朝の早さに感心した記憶もございます。

そして、その際、高岡駅を通っているのですが、
高岡色のキハ40ファミリーがたくさん止まっていた記憶しか思い出せないです。。。




さて。

一休みして、城端線ホームの見学は一通り満足したので、
移動することにしますか。
2016_10_08-09_高岡01_080_2016_11_06

そうそう。

この階段ですら、アニメ作品ゆるゆりのOVAに登場する
ワンシーンの舞台。所謂、聖地になっております。
2016_10_08-09_高岡01_082
※上の画像は、
OVA「ゆるゆり なちゅやちゅみ!」のワンシーンからの引用でございます。



聖地探しにも余念がないですねw










服のしわの書き方が、いまいち掴めないorz




スポンサーサイト

テーマ : 旅の思い出 - ジャンル : 旅行

コメント

Re: No title

KZ-1 様へ


こんばんは。
いつもありがとうございます。

> こういう人が少ない夜のホームは良いですね。
> 自分も富山に旅行に行った際、急行「きたぐに」と「日本海」
> 撮りたさに、真夜中のホームに行きましたが、北陸のしんとする
> 寒さと相まって、「ああ、旅行してんだなぁ」というのを痛感しました。

そうですね。
夜の人気のないホームもまた旅情を感じます。

かつて、めったに行かないような時間の駅のホームで、
急行「きたぐに」に乗るためにひたすら待っていたときは
正直、座れるかどうか。寝られるかどうかの心配ばかりしていましたw

> >5時前から、大阪行きのサンダーバードが出ていて
> >駅の朝の早さに感心した記憶もございます。
>
> そんなに早かったんですか!
> 北陸地方は大阪との結びつきが強いと聞いていますが、
> そんな早くにサンダーバードが設定されていたとは。
> でもそれも、旅情をそそりますしまた、それだけ需要が
> あるっていうことだったんですよね。

そうですね。
当時の時刻表を見返してみて、富山駅・特急始発の
サンダーバード2号大阪行きは、富山4時55分発で、大阪8時26分着(土日は8時17分着)
ですので、
朝早くからの需要があったものと思われます。

新幹線は、法律によって朝6時から。と、決められていますが
在来線はその縛りがないので、早朝の需要に素直なダイヤになっていると思います。

今の金沢駅も、朝の5時ちょうどから米原行きが出ていますね。
http://ekikara.jp/newdata/ekijikoku/2701091/up1_17201021.htm

ちなみに、富山にいたときは、
大阪より、むしろ東京とのつながりが強いんだ!ということを
よく強調されていたイメージがございます。

でも、当時の特急始発のはくたか1号は、富山6時45分発なんですよね。

ありがとうございました。

No title

こんばんは。

こういう人が少ない夜のホームは良いですね。
自分も富山に旅行に行った際、急行「きたぐに」と「日本海」
撮りたさに、真夜中のホームに行きましたが、北陸のしんとする
寒さと相まって、「ああ、旅行してんだなぁ」というのを痛感しました。

>5時前から、大阪行きのサンダーバードが出ていて
>駅の朝の早さに感心した記憶もございます。

そんなに早かったんですか!
北陸地方は大阪との結びつきが強いと聞いていますが、
そんな早くにサンダーバードが設定されていたとは。
でもそれも、旅情をそそりますしまた、それだけ需要が
あるっていうことだったんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ