妻籠宿の資料館に来ています。

前回より

妻籠宿の資料館に来ています。
中には宿場町の模型があり、
2016_10_16_南木曽_139_2017_02_08
各宿の主の名前も併記してありました。


友人に
「どや?今度生まれてくる子供の名前をこの中から貰ったら?」
と尋ねたところ、

「そんな名前にしたら一生恨まれるわw」と笑っていました。

昔は
○○衛門とか□□五郎とかのネーミングが流行っていたようですが、
時代も変わったようでございますw





には

古い鉄道の写真もあり、
バラストのない軌道や、
2016_10_16_南木曽_147_2017_02_08


人も渡れる併用橋の写真もあり、
2016_10_16_南木曽_271_2017_02_08

鉄道好きの友人と興味深く眺めておりました。


材の運搬に関する展示もあり
トンネルを抜けた先に木を川に落とすスロープが造られていて

木をスロープで落として川に流すとは
ダイナミックな方法に感じます。
2016_10_16_南木曽_143_2017_02_08

今だと
労働安全上の基準とか
河川の水利権の問題とかで難しいことに感じます。。

それから、昔は林業が盛んだったのですね。
今では、林業はずいぶんと衰退しているように感じます。

他にも、木材の展示があったり
2016_10_16_南木曽_145_2017_02_08


木材を、とても大切にする文化があって
槇の皮を剝いで盗んだ罪により
蘭村権右衛門が処刑された事が、書かれていました。
2016_10_16_南木曽_144_2017_02_08


スポンサーサイト

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ