小田急・小田原駅

前回より

小田急線・小田原駅のホームで撮影をしていると
2017_05_03_055_2017_06_04.jpg


小田急7000形電車によるロマンスカーがやってきました。
2017_05_05_072_2017_06_04.jpg

小田急といえば、私の中では、この車両ですね。
2017_05_03_052_2017_06_04.jpg





さて。
小田原駅では、はひっきりなしに小田急の列車が入ってきていて
そこからたくさんの人が降りてくるので、
改めてゴールデンウィークなんだなと感じました。
2017_05_03_056_2017_06_04.jpg

そのまま、ホームの先にある
箱根登山鉄道電車乗り場 に向かう人が多く。
箱根登山鉄道の電車は、朝のラッシュ時のように人混雑しておりました。
2017_05_05_081_2017_06_04.jpg


しかも、その上で。

この先の箱根湯本へ行っても、
箱根登山鉄道の列車への乗り換えに、制限がかかっているようで。
乗り換えるまでに、およそ15分間の待ち時間が発生しているようでございました。
2017_05_05_084_2017_06_04.jpg
駅では、その旨のアナウンスが駅で繰り返し流れておりました。


こんなゴールデンウイークの混む時期に
箱根に行くなんて、どんな拷問だょ。
とか、思って
満員の列車を見送り。
2017_05_05_085_2017_06_04.jpg

他人行儀に、駅での撮影に勤しんでいたのですが・・・・。
2017_05_05_098_2017_06_04.jpg


のちのち、私も・・・。


駅の電流線には、
リニューアル前後の、
小田急30000形電車「EXE」と「EXEα」が、
対比されるように、留置されておりました。
2017_05_05_091_2017_06_04.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

Re: コメント初めまして


中林20系 様へ


こんにちは
コメントを頂き、ありがとうございます。
こちらこそ、いつも中林20系様のブログを楽しく拝見させて頂いており
うれしく感じております。

> 下りでしたが箱根登山鉄道、素晴らしかったです。何せ基本が80‰というとんでもない路線で、しかも急カーブだらけ。スイッチバックで列車交換を三度も行ってたり山深い車窓などなど…箱根目的じゃなくこれ目的で往復しても…鉄道好きならアミューズメントパークよりも楽しめると思いました。

そうですね。
箱根登山鉄道は、スイッチバックや急こう配など
鉄道が好きな方にとっては、魅力の詰まった鉄道だと感じております。

私も、この頃見るばかりなので
是非とも、乗って実感して楽しんでみたいと感じております。


> 箱根湯本で軌間が変わるので、強制的に乗り換えを強いられますが、そこで見かけた7000型…《はこね》の表記…これがロマンスカーだよと思ったものの…個人的には普通列車乗り継ぎで帰宅しました(笑)。

そうでございますか。
やはり。ロマンスカーといえば、小田急7000形という考えをお持ちなのでしょうか。

しかし、普通列車に乗られるとは、私も同じでございます。
特急料金のハードルというものを、私はどうしても高く感じてしまいますorz

> いつもは通過中心な存在の小田原駅も、関係する全路線を思えば結構なワンダーランドというか、面白いなと改めて気づかされました。

そうですね。
小田原駅は、接続する路線が特徴的なものが多く
面白い駅の一つであるように、私も感じております。

また行きたいですし、今度はじっくり乗りに行きたいと思っております。

ありがとうございました。

コメント初めまして

いつも楽しく拝見させていただいてます。
先日、仕事でひさびさに箱根の上のほうまで拉致されまして、ミッション終了のお昼時に…一緒にクルマで湘南まで戻るのが常ですが、せっかくだから未経験の箱根登山鉄道に乗りたい!欲が勝ってしまい、自費で東京まで戻ることに。
下りでしたが箱根登山鉄道、素晴らしかったです。何せ基本が80‰というとんでもない路線で、しかも急カーブだらけ。スイッチバックで列車交換を三度も行ってたり山深い車窓などなど…箱根目的じゃなくこれ目的で往復しても…鉄道好きならアミューズメントパークよりも楽しめると思いました。
またその仕事に呼ばれれば、帰路はまた登山を選ぶと思います(笑)。

箱根湯本で軌間が変わるので、強制的に乗り換えを強いられますが、そこで見かけた7000型…《はこね》の表記…これがロマンスカーだよと思ったものの…個人的には普通列車乗り継ぎで帰宅しました(笑)。

いつもは通過中心な存在の小田原駅も、関係する全路線を思えば結構なワンダーランドというか、面白いなと改めて気づかされました。
未乗の大雄山線も含めて、改めて小田原系を深めてきたいと思いました。ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ