小田原城

前回より

小田原駅の改札から出て、
せっかくなので、難攻不落とうわさに聞く小田原城を見てみたいなと思いつつ。

外に出ました。
2017_05_03_061_2017_06_04.jpg


すると、
すぐに小田原城が目に飛び込んできました。
2017_05_05_109_2017_06_04.jpg


これがあの噂に聞くよく
大河ドラマで出てきて、なかなか落ちることがない小田原城なんだなぁと。
遠くから見て、感動致しました。

しかし、すごく混んでいるようにみえます。
2017_05_03_060_2017_06_04.jpg


さて
小田原城も見ることが出来ましたし、

そろそろ、伊豆箱根鉄道に乗って
大雄山へと帰ることにいたしました。
2017_05_05_110_2017_06_04.jpg


今回は、時間の関係で、
小田原で、小田原城を見てすぐ折り返しましたが。

時間があった時には、ここから東京へも行ってみたいです。

御殿場から松田へ行く
国道246号線は、平行する東名高速の関係から、よく混むので、

そういった際は、今回のルートである。

御殿場から県道78号線を使って、大雄山へと逃げ。
大雄山から小田原。そして、東京というルートで 東京方向へと行ってみるのも
実用的であると、今回は感じました。






さて。
伊豆箱根鉄道小田原駅へと来ると
列車の発車が、あと残り1分と差し迫っていたので

手早く、ICOCAで改札をパッと通りまして。
止まっていた5500系に乗り込みました。
2017_05_05_112_2017_06_04.jpg


5500系は、行きに乗った5000系とは違い、セミクロスシートでございました。

また、復路の小田原からの列車の乗車率は、3割程度でございました。

箱根へ行く列車がギュウギュウの、朝ラッシュ時のような状態に比べたら
こちらは、余裕で座れたので。のんびりすることができました。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ