スマートフォンかせ、パソコンとマイコンを介して鉄道模型の遠隔操作に成功しました







この度
大変、初歩的なことですが・・・・。

スマートフォンから、パソコンとマイコンを介して
鉄道模型の遠隔操作に成功したので、

報告させていただきます。


方法としては、以下の方法を採用しました。
2017_06_18_USB-IO2_0_AKI_FTP_53.jpg
※上の画像はクリックすると、大きくなります。



今回の基本的な方法は、
前回のスマートフォンで、LEDを遠隔した操作方法と変わりはないのですが。
http://oyk3865b.blog13.fc2.com/blog-entry-2671.html



前回との違いは、
イヤホン端子にて、パソコンとマイコン間のやり取りをさせたのをやめて

最近購入した
「USB-IO2.0(AKI)」
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05131/

2017_06_18_USB-IO2_0_AKI_FTP_26_2017_06_21.jpg

というマイコン使用して、パソコンとやり取りをしました。

やり取りは、「USB-IO2.0(AKI)」に付いてきた
コードを、VB2015にて以下のコードに書き換えて使用しました。










以前に比べて。

イヤホン端子ではなく、USBで、直接やり取りできているので
応答性も、信頼性も、とても良くなりました。

2017_06_18_USB-IO2_0_AKI_FTP_66_2017_06_21.jpg




さて。

今回。直接、
レールに流れる電流を、そのまま、マイコンで制御すればいい所なのですが。

マイコンから、トランジスタに流れる電流が、足りてないようで、
トランジスタが、完全にONにならず。

模型が、ノロノロ運転しか出来ませんでしたorz


そこで、今回は、
マイコンからの電流を、一度フォトカプラにまわして。

フォトカプラにて、
前に買ったイチゴジャムのVCCの電流をスイッチングして

イチゴジャムのVCCの電流にて、トランジスタをON/OFFして。
鉄道模型に流れる電流の、オフスイッチングを行いました。


以上の対策で、
ノロノロ運転を、解消できましたが。


しかし、しばらく遊んでいると。突然、
鉄道模型が動かなくなってしまいました。

原因を調べると、
こどもパソコン IchigoJamが、完全に壊れてしまっておりました。

VCCの出力がなくなっているだけでなく起動もしなくなってしまいました・・・・。

「USB-IO2.0(AKI)」のピンを
本来はハンダ付けして使用するのですが、

ハンダごてを持っていなくて、ピンを挿し抜いてつかっていまして。

GNDの接触が悪いという事で、横着して
すべてのGNDを、IchigoJamの方へ導いて
肩代わりさせていたのが、原因と思われます。

私の横着で、壊してしまって。反省していますが
まだ、USBの電源を導ける部分は生きているので、使わせていただきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ