大雄山駅 復路

前回より

列車に乗って20分ほどで、大雄山駅と戻って参りました。
2017_05_05_114_2017_06_04.jpg


往路で撮影した大雄山駅のピットには、
列車が入っておりました。
2017_05_05_117_2017_06_04.jpg


そして、中から整備する音が、聞こえてきていました。
2017_05_03_072_2017_06_04.jpg


そういえば、
伊豆箱根鉄道の入れ替え信号は白色なんですね。
2017_05_05_115_2017_06_04.jpg

私の地元を走る近鉄では、
橙色二つで示されているので、新鮮に感じます。

後ろには、甲種回送などに使われる
事業用のコデ165形も、見ることができました。
2017_05_05_118_2017_06_04.jpg

1928年(昭和3年)新製らしいですね。古い車両のようです。


また、大雄山駅でも、出発信号が、青と赤の2灯式の信号であり。
これも特徴的だと感じました。
2017_05_05_116_2017_06_04.jpg


また、留置線の車止めも、
簡素な感じで、いい雰囲気であると感じました。
2017_05_05_120_2017_06_04.jpg

ということで。
一通り大雄山駅構内で撮影をさせて頂いたので
改札の外へ出てみることにしました。
2017_05_05_119_2017_06_04.jpg

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

小田原城

前回より

小田原駅の改札から出て、
せっかくなので、難攻不落とうわさに聞く小田原城を見てみたいなと思いつつ。

外に出ました。
2017_05_03_061_2017_06_04.jpg


すると、
すぐに小田原城が目に飛び込んできました。
2017_05_05_109_2017_06_04.jpg


これがあの噂に聞くよく
大河ドラマで出てきて、なかなか落ちることがない小田原城なんだなぁと。
遠くから見て、感動致しました。

しかし、すごく混んでいるようにみえます。
2017_05_03_060_2017_06_04.jpg


さて
小田原城も見ることが出来ましたし、

そろそろ、伊豆箱根鉄道に乗って
大雄山へと帰ることにいたしました。
2017_05_05_110_2017_06_04.jpg


今回は、時間の関係で、
小田原で、小田原城を見てすぐ折り返しましたが。

時間があった時には、ここから東京へも行ってみたいです。

御殿場から松田へ行く
国道246号線は、平行する東名高速の関係から、よく混むので、

そういった際は、今回のルートである。

御殿場から県道78号線を使って、大雄山へと逃げ。
大雄山から小田原。そして、東京というルートで 東京方向へと行ってみるのも
実用的であると、今回は感じました。






さて。
伊豆箱根鉄道小田原駅へと来ると
列車の発車が、あと残り1分と差し迫っていたので

手早く、ICOCAで改札をパッと通りまして。
止まっていた5500系に乗り込みました。
2017_05_05_112_2017_06_04.jpg


5500系は、行きに乗った5000系とは違い、セミクロスシートでございました。

また、復路の小田原からの列車の乗車率は、3割程度でございました。

箱根へ行く列車がギュウギュウの、朝ラッシュ時のような状態に比べたら
こちらは、余裕で座れたので。のんびりすることができました。

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

小田急・小田原駅にて その2

前回より

小田急・小田原駅にて、
2017_05_05_087_2017_06_04.jpg

人がたくさん乗った箱根登山鉄道の電車が発車していき
一旦ホームの人は減ったものの。

ものの数分で再びホームは人であふれ帰りました。
2017_05_05_101_2017_06_04.jpg


そんなことは、お構いなしでいる私。浮いている一人。

ホームの端には乗越分岐器がホームに介在される形であって。
夢いっぱいで、撮っておりました。
2017_05_05_095_2017_06_04.jpg

乗越クロッシング部分も、近くで見ることができました。
2017_05_05_096_2017_06_04.jpg


そして、乗越分岐器があると言うことで。
箱根湯本方面へと 安全側線が設置されていまして、
ここで、小田急と、箱根登山鉄道と
路線が分かれていることが、実感できました。
2017_05_05_097_2017_06_04.jpg


と、いう事で。
一通り列車を撮影してお腹がいっぱいになってきたので
2017_05_05_103_2017_06_04.jpg



改札の 外へ出て駅の外へと出てみることにしました。
2017_05_05_104_2017_06_04.jpg


テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

小田急・小田原駅

前回より

小田急線・小田原駅のホームで撮影をしていると
2017_05_03_055_2017_06_04.jpg


小田急7000形電車によるロマンスカーがやってきました。
2017_05_05_072_2017_06_04.jpg

小田急といえば、私の中では、この車両ですね。
2017_05_03_052_2017_06_04.jpg





さて。
小田原駅では、はひっきりなしに小田急の列車が入ってきていて
そこからたくさんの人が降りてくるので、
改めてゴールデンウィークなんだなと感じました。
2017_05_03_056_2017_06_04.jpg

そのまま、ホームの先にある
箱根登山鉄道電車乗り場 に向かう人が多く。
箱根登山鉄道の電車は、朝のラッシュ時のように人混雑しておりました。
2017_05_05_081_2017_06_04.jpg


しかも、その上で。

この先の箱根湯本へ行っても、
箱根登山鉄道の列車への乗り換えに、制限がかかっているようで。
乗り換えるまでに、およそ15分間の待ち時間が発生しているようでございました。
2017_05_05_084_2017_06_04.jpg
駅では、その旨のアナウンスが駅で繰り返し流れておりました。


こんなゴールデンウイークの混む時期に
箱根に行くなんて、どんな拷問だょ。
とか、思って
満員の列車を見送り。
2017_05_05_085_2017_06_04.jpg

他人行儀に、駅での撮影に勤しんでいたのですが・・・・。
2017_05_05_098_2017_06_04.jpg


のちのち、私も・・・。


駅の電流線には、
リニューアル前後の、
小田急30000形電車「EXE」と「EXEα」が、
対比されるように、留置されておりました。
2017_05_05_091_2017_06_04.jpg

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

小田原駅

前回より

伊豆箱根鉄道の小田原駅の改札の外へと出ました。

そして、
JR小田原駅コンコースの有名な?提灯を撮りました。
2017_05_05_050_2017_06_04.jpg

さすがに、ゴールデンウイークとあって
駅は、混雑いたしておりました。


そのまま、
JR線の駅の入場券を買おうかと思って、並んで券売機の前まで来たのですが。

JRより小田急の方が車両のバリエーションが多いことに気がつき、

何も買わず、券売機の前を去り、
代わりに、小田急の入場券を買う ことにしました。
2017_05_05_051_2017_06_04.jpg


そして。
小田急の小田原駅に入りました。
2017_05_05_052_2017_06_04.jpg

小田急・小田原駅でも、
列車や駅設備の撮影を行いました。
2017_05_05_058_2017_06_04.jpg


私は、だいたいは
新松田から小田急に乗って、東京方面に向かうので

あまり見かけない。新松田行きの普通。を見ることができました。
2017_05_05_059_2017_06_04.jpg


また、今回の改正で増発されたらしい
小田原折り返しの新宿行きの快速急行を見ることができました。
2017_05_03_053_2017_06_04.jpg

小田急線のホームで 列車を見ていたら。

小田急線だけでなく、
近くを 新幹線が走り抜けて行ったり、
2017_05_05_062_2017_06_04.jpg

251系「スーパービュー踊り子」が走り抜けて行ったりと、
2017_05_05_064_2017_06_04.jpg

小田急以外の列車もしっかりと見る
充実した時間を過ごすことができました。

※私は撮るのは下手ですが、見ることは好きなのです。



そういえば、キャラメルのおまけの
251系の模型を、ずっと持っていたなぁ・・・。

テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

プロフィール





最新記事
最新コメント
最新トラックバック



月別アーカイブ
カテゴリ